• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬アリス『Seventeen』卒業を発表 スタッフ&ファンに感謝

広瀬アリス『Seventeen』卒業を発表 スタッフ&ファンに感謝

 女優でモデルの広瀬アリス(20)が1日、自身のブログを更新。ティーン誌『Seventeen』(集英社)の12月発売号をもって同誌を卒業することを発表した。

 「私、広瀬アリス、卒業します! 6年と4ヶ月だそうです。長。え、長。ミスセブンティーン2009…2009て。笑 中学3年生だ。14歳。まだ誕生日来てなかったから」とつづった広瀬。「こんなに長くお世話になるとは正直思ってませんでした。自分は秀でたものが全くないし、メイクやファッションが好きっていうわけでもなくてただただ新しいことに挑戦してみたくてミスセブンティーンに応募したんだ」と回顧した。

 「周りは可愛い子ばっかりだしスタイルいいし凄くガーリーだし、なんで自分はここにいるんだろってずっと思ってて。けれど編集長を始め、編集部のみなさま、スタッフのみなさまに支えられ、20歳になりまして、立派な『オバモ』になりまして笑」と自虐しつつも「セブンティーンがあったからこそ、自分のカラーがちゃんと出せたと思うし今があると思ってます」と感謝した。

 今後は「女優の道を頑張っていこうと思います」と決意を新たにし「何もかもが未熟だけど、年に一度のセブンティーン夏の学園祭、会って涙を流してくれたり喜んでくれたり、アリスちゃん大好きですって言ってくれて、本当に本当にありがとう」と改めてファンに感謝。最後は「卒業の時、大好きな北山詩織と森川葵が来てくれた。泣いた。前日連絡取ってたのに何にも言ってくれなかった。笑」とサプライズに喜び「大好きだ、セブンティーン!! 本当にありがとうございました!」と結んだ。



オリコントピックス