• ホーム
  • 芸能
  • 千葉雄大、『金田一少年の事件簿R』スピンオフでアニメ声優初挑戦

千葉雄大、『金田一少年の事件簿R』スピンオフでアニメ声優初挑戦

 俳優の千葉雄大が26日放送の読売テレビ・日本テレビ系アニメ『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』のシリーズ初のスピンオフ企画で、1時間スペシャル『明智警部の事件簿』(後5:30)にゲスト声優として出演することが、明らかになった。千葉はこれまで実写とCGの映画の吹き替え経験はあるが、TVアニメの声優は今回が初挑戦となった。

 今回のスペシャル『明智警部の事件簿』は、『金田一少年の事件簿』のスピンオフ漫画『明智警部の事件簿』を原作として、人気キャラクターの明智健悟警視の警部時代の活躍を描く。千葉が演じるのは、今回のキーパーソンとなる明智の警部時代の部下、小林竜太郎刑事役。千葉は2014年に放送されたドラマ版『金田一少年の事件簿N(neo)』にも登場しており、ドラマとアニメの両方での出演を実現させた。

 千葉はアフレコを振り返り「経験がないので、すごく難しかったです」と苦戦したが「皆さんに丁寧に教えていただきました。『…』みたいなところや口を合わせるところは難しくて、『ここに笑いを混ぜたら良いよ』とか、そういうテクニックを教えてもらいました」と感激。正義感溢れる刑事を熱演し「声だけなのでいつもの雰囲気とは違うと思います。皆さんの演技に溶け込んでいたらうれしいですね」とアピールした。

 幼いころから同作のアニメに親しんでいたという千葉は、次回予告にも出演し「僕は事件パートじゃない掛け合いみたいな笑いのあるシーンが好きで、予告では(はじめ、美雪と)3人で掛け合いをして、楽しかったですね」と手応え。はじめの決めぜりふ「ジッチャンの名にかけて!」を文字った「明智警部の名にかけて!」というせりふも披露。「『ジッチャンの名にかけて!』は誰しも一度は言っているせりふなので、すごくうれしかったですね」と満足げに明かした。



関連写真

  • 26日放送の読売テレビ・日本テレビ系アニメ『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』のシリーズ初のスピンオフ企画でゲスト声優を務める千葉雄大 (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系アニメ『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』のゲスト声優を務める千葉雄大 (C)読売テレビ

オリコントピックス