• ホーム
  • 芸能
  • 水木さん、妻・布枝さん胸中つづる「神様が決めたこと」 ファンにも感謝

水木さん、妻・布枝さん胸中つづる「神様が決めたこと」 ファンにも感謝

 11月30日に多臓器不全で亡くなった漫画家・水木しげるさんの妻・武良布枝さんが1日、水木プロダクションの公式サイトで「水木しげるの家族から皆様へ」と題し“お父ちゃん”との思い出を振り返るとともに、支えたファンに感謝の言葉つづった。

◇武良布枝さん全文コメント

「お父ちゃんが亡くなる」
信じられないことでした。
「100歳まではいくようだネ、いや120歳かな」と水木はいつも話していました。
これからも淡々と歳を重ねていつの間にか100歳を迎える、今後もずっと同じような日々が続いていく、と思っていました。

昨年暮れに心筋梗塞で倒れ2か月入院して、今年2月には車いすでの退院でした。
すっかり体力が落ちたのですが、その後持ち前の強さを発揮して少しずつ歩けるようになりました。
家から会社までの1kmの道のりを歩けるまでに回復。
食欲も戻って「何かうまいものはないの?」が口癖でした。

「最期は神様が決めることに従ったらええ」と言っていた水木。
苦しまず自然に最期を迎えられたことは良かったと思います。
家族に囲まれて穏やかに逝きました。
自宅で転倒したことがきっかけになったのはとても残念でしたが
これも神様が決めたことだったのかも知れません。

家族を一番大切に思ってくれたお父ちゃん。これからもきっと見守っていてくれると思います。
今は、亡き戦友との再会を喜んでいるかもしれないですね。

最後になりましたが、ファンの皆様、関係者の皆様、
長い間、水木を応援していただきまして、ありがとうございました。



オリコントピックス