• ホーム
  • 映画
  • 内野聖陽、日本×トルコ合作映画で「真心伝えたい」

内野聖陽、日本×トルコ合作映画で「真心伝えたい」

 俳優の内野聖陽が12月1日、都内で行われた日本・トルコ合作映画『海難1890』(5日公開)ワールドプレミアに出席。主演を務めた内野は「ひと言では言えないハードな撮影でした」と懐かしみ、「みんなの思いが凝縮された作品になった」と自信をにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、125年前に和歌山県沖で遭難したトルコ軍艦の乗組員を現地の人々が救助、治療し、彼らの命を救った「エルトゥールル号海難事故」と、その95年後のイラン・イラク戦争時にテヘランで取り残された日本人たちをトルコ機が救出した「イラン・テヘラン在留邦人救出劇」という2つの史実を題材にしている。

この日は、今年の新語・流行語を決定する『2015ユーキャン新語・流行語大賞』が発表されたが、内野にとって同作は「流行や一過性のはやりではなく、いつまでも持ち続けたい真心を伝えたい映画」と強調。「今のように救助する道具がないなか、異国の人を助けた。気持ちがなければできないことだったと思う。物はなくても、心がある。そういうところに胸を打たれました」と話していた。

 ワールドプレミアにはそのほか、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦宅間孝行大東駿介徳井優螢雪次朗かたせ梨乃夏川結衣永島敏行、高野あゆ美、メフメット・オズギュル、メリス・ババダー、ムラット・セレズリ、田中光敏監督が出席。さらにターキッシュエアラインズのムスタファ・ドクメタシュ東京支社長、実際にイラン・テヘラン救出劇の際にCAとして救援機に乗っていたアイシェ・オザルプさん、ミュゲ・サヤルさんらが登壇した。



関連写真

  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』ワールドプレミアに出席した主演の内野聖陽 (C)ORICON NewS inc.
  • 忽那汐里 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田中光敏監督、忽那汐里、内野聖陽、ケナン・エジェ、アリジャン・ユジェソイ (C)ORICON NewS inc.
  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』ワールドプレミアの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』ワールドプレミアに出席した忽那汐里 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』で主演を務めた内野聖陽 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』ワールドプレミアに出席したかたせ梨乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』ワールドプレミアに出席した夏川結衣 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』ワールドプレミアに出席した主演の内野聖陽 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス