• ホーム
  • 芸能
  • 向井理、水木さん夫婦「憧れでした」 追悼コメント

向井理、水木さん夫婦「憧れでした」 追悼コメント

 『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家の水木しげるさんが30日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。訃報を受け、水木さんの妻・武良布枝さんが水木さんとの半生をつづったエッセーが原作のNHK朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』で夫婦を演じた俳優・向井理と女優・松下奈緒が、それぞれ所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。

◇向井理コメント全文

私はNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」という作品を通じて、水木しげるさんの半生を演じ、また、御本人に何度かお会いする機会をいただきました。

初めてお会いしたのは撮影の数日前、その時に掛けていただいた言葉や表情は、今でも鮮明に覚えています、その作品の中では、私はしげるさんの背中を追いかけるのが精一杯でしたが、多くのものを感じ、影響を受けました。
もうあの時のようにお会いすることができないという現実を受け止めるには時間がかかりそうですが、どこかで見守っていただければ嬉しい限りです。
そして「女房」である布枝さんにお会いできたのは私の財産です。
お二人の醸し出す雰囲気が大好きでした。憧れでした。

今はただ、大好きなしげるさんの御冥福をお祈り致します。
そして、布枝さんをはじめご家族の皆様のことを想っています。

◇松下奈緒コメント全文

水木しげるさんの突然の訃報に深い悲しみでいっぱいです。

私はNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の撮影が始まる前に、水木プロダクションさんにお伺いさせて頂いた際に初めて水木先生と奥様にお会いさせて頂きました。
その際に水木先生が「まあ気楽にやってください」と優しくお声を掛けていただいたこと、奥様が何度も「ね、お父ちゃん」と言い、先生を気遣いながら隣で微笑んでお話して下さって、本当になんて素敵な御夫婦なんだろうと思ったことを今でも覚えています。

ドラマではありましたが、水木しげるさんと出会うことが出来、一生を共にされている奥様・布枝さんを演じさせて頂くことに、お二人にたくさんの勇気を頂き、そしてこんなに素敵な御夫婦を演じさせて頂けたことはこれからも私の宝物です。

まさか大好きなお父ちゃんが…
当時を思い出すと涙が溢れてきます。

天国でも大好きな漫画を描き続けて頂きたいです。
ご冥福を御祈りいたします。

 水木さんは1922年、鳥取県境港市生まれ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失うも復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。代表作に『河童の三平』『悪魔くん』など。1991年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章などを受章。2010年には文化功労者にも選ばれている。



オリコントピックス