• ホーム
  • 芸能
  • KAT-TUN田口、脱退電撃発表を謝罪「戸惑いを与えた」

KAT-TUN田口、脱退電撃発表を謝罪「戸惑いを与えた」

 11月24日、アイドルグループ・KAT-TUNを来春をもって脱退し、ジャニーズ事務所を退所することを電撃発表した田口淳之介が30日、文化放送『KAT-TUNのがつーん』に出演した。

 中丸雄一と共に出演した田口は、番組冒頭に「僕の説明が不十分だったために皆さん、メンバーに対して戸惑いを与えたことを申し訳なく思います」と謝罪。「皆さんを納得できていない現状にすみませんとしか言えませんが、今後いい方向に向かえるように努力します」と言葉に力を込めた。

 続けて「今、僕がKAT-TUNとしてできることは、最後まで全力を尽くすことで、皆さんと成長してきたこの10年間を走り切ることだと思っています。どうかその日まで4人のKAT-TUNを見守ってください。よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

 11月24日放送の日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト 2015』では、KAT-TUNのパフォーマンス前にグループ脱退と事務所退所を報告した田口。会場がどよめくなか、メンバーの亀梨和也も「本当に突然の発表で申し訳ありません。グループとして何度もこのような形になってしまい、関係者の皆さま、ファンの皆さま、たくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまっていることを本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すいません」と謝罪していた。

 発表当日、ジャニーズ事務所も公式ホームページで「グループとしての解散は予定しておりません」と解散は否定。今後の活動については「残るメンバーにとって最良の方法を協議し、改めてご報告させて頂きたいと存じます。今後ともご支援頂けますよう、何卒宜しくお願い申し上げます」と掲載された。



オリコントピックス