• ホーム
  • 趣味
  • イチョウ並木に映える芸術品 クラシックカー100台が圧巻パレード

イチョウ並木に映える芸術品 クラシックカー100台が圧巻パレード

 日欧米で親しまれた名車100台が集結した「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」が28日、東京・明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前で開催された。今年はキッチンカーによる飲食スペースも例年の約2倍に拡大。クラシックカーファンはもちろんのこと、黄色に染まったイチョウ並木を訪れた家族連れやカップルも楽しませた。

【写真】その他の写真を見る


 車好きはもとより、圧倒的な芸術美とユニーク企画が一般からも受け入れられ“おでかけスポット”としても注目されている同イベント。車を通じてその時代や文化まで思いを馳せ楽しめるよう、今回のイベントスローガンは「時を超え、愉しむ」に。昨年開催時はパレード開始直後から雨が降り出したものの、今年は晴天に恵まれ、来場者数は約2.9万人を記録した。
 
 なかでも企画展の目玉となった「フランクリン シリーズ9」は、トヨタ博物館からの出展車両としては最古年代となる1918年に製造され、現代の名工によって今年5月に3年がかりで復元されたばかり。そのほか「フライングフェザー」、「DAF 600」、「シボレー コルベア」、「トヨタ スポーツ800 UP15型」、「ホンダ 1300 クーペ9」が展示され、多くの来場者の目を引いた。記念乗車撮影車両には「BMW イセッタ」、「ジャガーXK150S」、「シボレー コルベット スティングレイ」が用意され、実際に車両に乗り込んで写真撮影を楽しむ人でにぎわった。

 多くの歓声が上がった公道パレードは、「トヨペット クラウン RS21型」(1960年)が先導し、一般参加車両約100台が参加。明治神宮の色鮮やかなイチョウ並木から銀座を各オーナーが自慢の愛車で走行。優美なデザインのクラシックカーが秋から冬に移り変わる東京の街並みを華やかに彩り、買い物や観光に訪れた人たちの目を楽しませた。



関連写真

  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」であいさつを行った同博物館の布垣直昭館長(C)oricon ME inc.
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」で東京初披露となった「フランクリン-シリーズ9」
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」の様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」の様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」の様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」の様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」の様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」で行われたクラシック・カー100台によるパレードの様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」で行われたクラシック・カー100台によるパレードの様子
  • 「2015 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」で行われたクラシック・カー100台によるパレードを先導した「トヨペット クラウン RS21型」 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス