• ホーム
  • 芸能
  • 「正義・プライド・達成」要素が男性支持 『下町ロケット』満足度調査

「正義・プライド・達成」要素が男性支持 『下町ロケット』満足度調査

 オリコンドラマバリュー(※)調査の結果によると、『下町ロケット』5話目の満足度が、100ポイント満点を獲得した。4話目は99ポイントで、5項目(20ポイント満点)のうち、Twitterの投稿数を集計した「話題性」だけが19ポイントだった。5話目では、1〜5話で完結する物語のクライマックスシーンが放送されたこともあるが、野球の国際大会「プレミア12」により大幅に放送時間が延長され、Twitterのタイムラインでは、「早く観たい」「まだかな」といった声が次々と投稿されていた。

 1〜5話までの平均ドラマバリューポイントは96.6。「主演」の阿部寛への評価は、2話目以降で20ポイント満点が続いている。リアルタイム視聴の割合は57.2%、男女比は43:57で、放送を重ねるごとに女性視聴者の割合が増えているのが特徴的だ。

 視聴者から寄せられたコメントは男性からの声も多く、「正義」「プライド」「達成」などのワードが並ぶ。女性からは阿部寛のほか、吉川晃司安田顕中村倫也杉良太郎など、脇を固めるキャストについて、高く評価する内容が多かった。


【調査概要】
■地域:1都1道2府14県  関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)、関西圏(大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀)、その他地域(北海道・愛知・岡山・香川・福岡)
■対象:10代〜50代の男女計690名
■方法:インターネット調査

※質の高いドラマの魅力をポイント化し、さらに多くの視聴につなげることを目指す指標。「満足度」では、録画も含む「視聴量」、「俳優(主演)」、「俳優(主演以外)」、「内容」、Twitterの反応を集計した「話題性」の5項目を各20ポイントとし、計100ポイントで調査した

(コンフィデンス 15年11月30日号掲載)



関連写真

  • 6〜10話目では、医療機器開発を描いた『下町ロケット2 ガウディ計画』を原作として放送。竹内涼真や朝倉あきなど、若手の活躍にも期待が高まる
  • 前半『ロケット編』、視聴者満足度の調査結果レポート(図)

オリコントピックス