• ホーム
  • 芸能
  • おのののか“週刊誌”話題に苦笑 クリスマスは「がっつり仕事」

おのののか“週刊誌”話題に苦笑 クリスマスは「がっつり仕事」

 タレント・おのののか(23)が28日、東京・玉姫稲荷神社で行われた『第8回日本シューズベストドレッサー賞』授賞式に出席した。自身がデザインしたオリジナルシューズを披露すると「この靴を履いてイルミネーションに行きたい。この靴があれば一人でも寂しくない」と上機嫌。先日、20代会社員男性と“手つなぎデート”が報じられていたことで報道陣から「また撮られちゃいますもんね」と突っ込まれると「あははは、本当に…」と苦笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 報道によると2人は東京・麻布十番にある大衆居酒屋に入店。ほろ酔い状態で店を出たおのが男性と仲良く手を繋いで歩く様子が伝えられていた。直後のイベントではデートのお相手について「友達です」と熱愛を否定し、彼氏はいないことを強調していた。

 この日も「理想は好きな人と行きたいけど今年はこの靴とイルミネーションに行きます」と“一人”をアピール。クリスマスの予定は「がっつり仕事入れられてます」と残念がったが「でも夜はいつも家族とケーキをつくったりして過ごすので今年も家族と過ごすと思う」と話していた。

 この日は同所で『第41回 靴のめぐみ祭り市』が開催。今年もっとも靴の似合う有名人女性部門としておのが選出されたほか、男性部門の忍成修吾(34)、シニア部門の山下真司(63)とともに特別企画として靴のファッションショーに出演した。



関連写真

  • 「クリスマスはがっつり仕事」というおのののか (C)ORICON NewS inc.
  • 『第41回 靴のめぐみ祭り市』第8回日本シューズベストドレッサー賞を受賞した(左から)忍成修吾、おのののか、山下真司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第41回 靴のめぐみ祭り市』第8回日本シューズベストドレッサー賞シニア部門を受賞した山下真司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第41回 靴のめぐみ祭り市』第8回日本シューズベストドレッサー賞男性部門を受賞した忍成修吾 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第41回 靴のめぐみ祭り市』第8回日本シューズベストドレッサー賞女性部門を受賞したおのののか (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス