• ホーム
  • 芸能
  • 千葉雄大、カナダ人モデルとドラマ共演「かわいさで負けない」と意欲

千葉雄大、カナダ人モデルとドラマ共演「かわいさで負けない」と意欲

 俳優の千葉雄大が、テレビ東京の新春特別番組ドラマ『彼女が恋した職人さん〜マリーは匠に首ったけ〜』(来年1月6日 後11:58)に主演することが24日、わかった。日本の伝統文化に息づく“職人の技”にスポットを当て、外国人の視点を通して日本の素晴らしさを再発見するドラマ。ヒロイン役には、来日1年目のカナダ人モデル・テイラーが演技初挑戦で大抜てきされた。

 同局では、食×ドラマ=『孤独のグルメ』(主演:松重豊)、メンズアイテム×ドラマ=『俺のダンディズム』(主演:滝藤賢一)、東京下町×ドラマ=『東京センチメンタル』(主演:吉田鋼太郎)など、テーマに沿った情報満載のドラマを生み出してきた。

 本作では、本物の職人も登場し、その職人技に迫りつつ、カナダ人女性の目を通して改めて感じる古き良き日本の伝統技をベースに物語を展開。そこに2人の男女の秘めた想いや、恋模様を絡めていく。

 カナダ人女性のマリー(テイラー)は、大学で「日本の職人の技」をリポートするために来日。とある理由で職人が嫌いな大学生・和田巧(千葉)は、大学の恩師の頼みでマリーをアテンドすることに。包丁職人や金物職人、着物職人など、訪ねる職人たちの深い匠の技と秘めた心に、マリーは大感激。最初は気乗りしなかった巧も徐々にひかれていく。

 千葉は「日本文化や和に関して興味はありつつも、広く浅い知識しかないので、外国人の友だちの質問に答えられず恥ずかしい思いをしたことがあります。和文化を知らない大学生の役というのは、若干、自分と重なるところがあるかもしれません。今回のドラマを通して自分も“和”に関して勉強できたら」とコメント。相手役のテイラーについて「非常にかわいいので、同じく“かわいい”と言われる役者としては、負けないようにがんばりたい(笑)」と意欲を燃やしていた。

 テイラーは「初めてのドラマ!とってもわくわくしていますが、緊張します! 皆さんと一緒にお仕事ができること、そしてたくさんの日本文化に触れられること、今から本当に楽しみです。日本語の発音やアクセント、間違えないように頑張ります!」と元気いっぱいのコメントを寄せている。

 近年、国際カップルのカルチャーギャップをユーモラスに描いたコミックが数多く出版されていることもあり、千葉とテイラーが演じる若い国際カップルに期待が高まる。



関連写真

  • 千葉雄大主演、ヒロインはカナダ人モデルを抜てき。テレビ東京の新春特別番組ドラマ『彼女が恋した職人さん〜マリーは匠に首ったけ〜』2016年1月6日放送決定
  • 実際に日本文化が大好きなテイラーが初演技に挑戦

オリコントピックス