• ホーム
  • 芸能
  • ロッチ、鶴瓶のイジりでKOCの傷心癒される「来年は優勝したい」

ロッチ、鶴瓶のイジりでKOCの傷心癒される「来年は優勝したい」

 お笑いコンビ・ロッチが24日、都内でトークライブ『LOTTi NiTE vol.29』を開催。『キングオブコント2015』(以下、KOC)の決勝戦後、初のトークイベントとあって当時の心境や今後の抱負などを明かした。

 KOC決勝の1本目「試着室」のネタで単独トップに立ち、独走するムードが漂う中で挑んだ2本目がまさかの低評価。結果的に、コロコロチキチキペッパーズに王者の座を許してしまった。2本目のネタ選択をめぐっては未だに反響が大きいようで、コカドケンタロウは「最近も名古屋で『ロッチさんがキングオブコントです。でも、何で2本目がアレなんですか?』って言われた」と苦笑交じりに語った。

 また、決勝後に行われた打ち上げの席で中岡創一が涙する写真がさまぁ〜ず三村マサカズのツイッター上にアップされたことが話題となったが、コカドは「いつもだったら、めっちゃその写真見て笑ってますけど、僕も(決勝後)3〜4日間ずっと落ち込んでたから、そんな余裕なかった」と当時の複雑な心境を告白。そんな中、KOC関連で初めて受けた仕事が笑福亭鶴瓶ももいろクローバーZがMCを務める関西テレビ系『桃色つるべ〜お次の方どうぞ〜』(毎週土曜 深1:10)への出演だった。

 『笑っていいとも!』で同じ曜日レギュラーだったことがきっかけで、ロッチが鶴瓶のライブや番組への出演を果たすなどの親交があった両者。コカドによると「1本目が良かったけど、2本目でスベって(結果的に)3位になったのを鶴瓶さんがおもしろがってる」ことから、同番組への出演が決定したという。

 案の定、KOCでの“しくじり”が番組の中心となったが、コカドは「そういう話をするのも、傷ついていたから嫌なところもあったけど、鶴瓶さんが『オレは2本目もオモロイと思ったよ』とも言ってくれた。そういうことをやってくれたことによって、傷が癒えていったということはあります。本当にありがたいです」と大先輩なりの励ましに感謝した。

 一方、相方の中岡は「(KOC後に)ケンドーコバヤシさんに会った時『お前、2本目で50点取りにいったやろ』とリアルに怒られた」と回顧。コントが得意なロッチがきっちり優勝して、2位のコロチキがブレイクするという展開が理想だったようで「ケンコバさんから『芸歴5年目のコロチキが1位なのは荷が重すぎる。だから、コロチキにも謝れ』と言われた。納得しかけたけど、一番くやしいのは俺らやから…」と笑顔で語っていた。

 来年の目標については2人そろって「今まで言ったことがなかったけど、KOC優勝したい」と宣言。コカドは「鶴瓶さんからは『来年も全く同じことして、2本目スベってくれ』って頼まれましたけど、しっかり優勝というオチをつけてゴールしたい。優勝して鶴瓶さんに『どや!』って言いたいです」と鶴瓶のフリに最高の結果で応えることを約束していた。



オリコントピックス