• ホーム
  • 映画
  • 『牙狼<GARO>』、新作劇場アニメ&TVシリーズ2タイトル制作決定

『牙狼<GARO>』、新作劇場アニメ&TVシリーズ2タイトル制作決定

 2005年にテレビドラマとしてスタートし、今年10周年を迎えた雨宮慶太氏原作の人気特撮シリーズ『牙狼<GARO>』。きょう23日に毎年恒例の『金狼感謝祭 2015』が放送され、来年以降の『牙狼<GARO>』のコンテンツラインナップが発表。新作劇場アニメとテレビシリーズの制作が明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 劇場アニメでは、昨年10月より放送されていたアニメシリーズ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』が復活する。監督は林祐一郎氏、脚本は小林靖子氏が担当し、来春に公開予定。ティーザービジュアルも解禁された。

 新テレビシリーズには、『牙狼<GARO>-魔戒烈伝-』と『絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-』がラインナップ。来春の放送が決定した「魔戒烈伝」は歴代のキャストがオムニバス形式で登場する。一方、『絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-』は、人気キャラクター・涼邑零を主人公としたシリーズで来年の放送を予定。主演は藤田玲が続投する。

 そのほか、シリーズに出演してきた女性キャストの松山メアリ、桑江咲菜、黒木桃子、大関英里からなるユニット「魔戒歌劇団」の単独ライブが来年1月31日に東京・渋谷GUILTYで開催されるほか、2月11日には牙狼10周年記念イベント『牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-』が千葉・舞浜アンフィシアターで行われることも発表された。



関連写真

  • 劇場版アニメ『牙狼<GARO>−DIVINE FLAME−』16年春に公開決定  (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 『魔戒歌劇団』の単独ライブが決定
  • TVシリーズ『牙狼<GARO>-魔戒列伝-』放送決定
  • TVシリーズ『絶狼<ZERO>』も2016年に放送
  • イベント「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 −GARO FES.−」ロゴ

オリコントピックス