• ホーム
  • 芸能
  • 『ジュノンボーイ』GP、26年ぶり北海道出身者 武田真治以来2人目

『ジュノンボーイ』GP、26年ぶり北海道出身者 武田真治以来2人目

 伊藤英明(40)や小池徹平(29)、溝端淳平(26)ら人気俳優を輩出している『第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の最終選考会が23日、都内で開催され、グランプリは北海道出身の大学1年生、飯島寛騎(いいじま・ひろき、19)さんに決まった。北海道出身者のグランプリは、1989年の第2回で武田真治(42)が選ばれて以来、26年ぶり2人目。

【写真】その他の写真を見る


 審査員長を務めた『JUNON』編集長の栃丸秀俊氏によると、予定されていなかった審査員特別賞が設けられるほど今年は「接戦」だったという。総応募者数1万3948人の頂点に立った身長175センチ、体重57キロの飯島さんは、「自分が取れるとは思っていなかった。呼ばれるとは思っていなかった」と驚きの表情だったが、「面白くてマルチな俳優になりたい。芸能界は厳しいと思いますが、自分なりに頑張ろうと思います」と意気込んだ。

 1988年からスタートした同コンテストは、「あなたの隣のすてきな男子、推薦してください」をキャッチフレーズに、芸能事務所やレコード会社に所属していない12歳から22歳までの男子を対象に実施。この日行われた最終審査には、敗者復活戦を勝ち抜いた1人を加えた全12人が参加し、思い思いのパフォーマンスや“愛の告白”で自身をアピールした。

 会場には、山本裕典(第18回準GP)、新川優愛(21)、AAAの與真司郎(26)がゲスト審査員として参加。また、植田圭輔(第19回ファイナリスト)、菅田将暉(第21回ファイナリスト)、稲葉友(第22回GP)、上遠野太洸(第23回GP)、西川俊介(第26回準GP)、西銘駿(第27回GP)も駆けつけた。司会はお笑いコンビ・流れ星が務めた。



関連写真

  • 『第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』グランプリに輝いた飯島寛騎さん (C)ORICON NewS inc.
  • 左から山本裕典、GPの飯島さん、新川優愛、AAA・與真司郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』グランプリに輝いた飯島寛騎さん (C)ORICON NewS inc.
  • 飯島寛騎さんは俳優志望

オリコントピックス