• ホーム
  • 芸能
  • 高橋みなみ、挫折がリーダーの原点「前田敦子にはなれない」 あの名言の重圧も告白

高橋みなみ、挫折がリーダーの原点「前田敦子にはなれない」 あの名言の重圧も告白

 人気アイドルグループ・AKB48高橋みなみ(24)が、24日に発売する著書『リーダー論』(講談社)の内容が3日、明らかになった。自分はセンターにはなれないと感じた挫折体験や、名言「努力は必ず報われる」に込められた意味が紹介されている。

【写真】その他の写真を見る


 同書は、14歳でAKB48に加入した10年前から、300人を越すメンバーたちを率いるグループ総監督になった現在まで、豊富な実体験を元に語られた超実践的なリーダー論を記した一冊。また、リーダー的な“まとめる力”だけでなく、集団生活を送るすべての人に役立つような、コミュニケーション術やスピーチ術もまとめている。

 誌面では、過去の具体的なエピソードも取り上げており、自身がリーダーというポジションを目指すきっかけのひとつが、「前田敦子になれない」という挫折体験であったことを告白。インディーズ1stシングル『桜の花びらたち』(2006年)で、単独センターを務めた高橋だが、当時は歌も踊りも自信がなく、輝くことができず、その後、センターの座を前田に譲ることに。前田がセンターで輝く姿を誰よりも近くで見て、「グループの中で自分が果たすべき役割とは?」と考えてたどりついたのが、リーダーというポジションだったと語っている。

 また、高橋の名言として有名な「努力は必ず報われる」に自分自身が苦しめられた経験や、言葉に込めた本当の意味、どうして「努力」にこだわり続けるのか、その真意についても自ら打ち明ける。さらに、総選挙でのランクイン後のスピーチや、コンサートでサプライズ発表があった際の締めのコメントなど、“言葉の力”に定評のある高橋が、「太文字になる言葉をイメージする」「声のトーンで聞くテンションを作り出す」など、心かげている“スピーチ七ヵ条”を自ら解説する。

 詳細とともに、同書の目次も公開。「キャプテンという肩書きに押しつぶされた経験」「震災で感じたグループの力」「すべてに首を突っ込んでいいわけじゃない」など、“理想のリーダー”として各方面から注目されてきた高橋のリアルな声が、本誌ではまとめられている。



関連写真

  • AKB48の総監督・高橋みなみ
  • 講談社撮りおろしカット
  • 高橋みなみ『リーダー論』(C)講談社
  • 高橋みなみ『リーダー論』目次 その1(C)講談社
  • 高橋みなみ『リーダー論』目次 その2(C)講談社
  • 高橋みなみ『リーダー論』目次 その3(C)講談社

オリコントピックス