• ホーム
  • 音楽
  • 元宝塚トップ柚希礼音、来年3月に退団後初のソロ公演

元宝塚トップ柚希礼音、来年3月に退団後初のソロ公演

 宝塚歌劇団の元星組男役トップスター・柚希礼音が、来春に地元大阪、東京の2都市でソロコンサートを開催することが決定した。“トップ・オブ・トップ”として昨年の宝塚歌劇団100周年の顔となった稀代のスターは、在籍中に3回ソロ公演を行ったことがあるが、今年5月に退団後は初となる。

 昨年11月には、1998年の真矢みき(当時花組トップスター)以来、16年ぶりとなる東京・日本武道館公演『柚希礼音スーパー・リサイタル「REON in BUDOKAN〜LEGEND〜」』を成功させたことも。今年5月に退団後は単身渡米。ワールドプレミアミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』では、ブロードウェイのスターたちにひけをとらない存在感を発揮した。

 退団後約1年を経て、『REON JACK』と題したソロ公演は、地元・大阪の梅田芸術劇場メインホール(来年3月11日〜17日)、東京国際フォーラム ホールC(3月26日〜4月11日)で開催。「退団後もこうしてコンサートができることを本当にうれしく思います。お客様と想いのキャッチボールを楽しみにしています」と喜び、「ペンライト、かけ声など気合を入れて参加してくださいね。楽しんでいただける舞台を作りたいです」と意気込む。

 構成・演出はトップ時代の星組公演『ラテン・グルーヴ「パッショネイト宝塚!」』などを手がけた宝塚歌劇団の稲葉太地氏が担当。若手の頃からコンビを組んできた元宙組トップ娘役の陽月華、柚希のトップ時代を支えてきた元星組の音花ゆり、鶴美舞夕、実力派ダンサーらもステージに華を添える。

 稲葉氏は「在団時『伝説』とまで呼ばれるに至った柚希礼音。これまでやったことのない新しい分野にも挑戦し続ける新たなる『伝説』が始まる予感に私自身が心を躍らせています。歌やダンスはもちろん、映像を駆使した演出、皆様と一体感を共有できる空間や日替わりシーンも考えております」と説明。「ぜひ皆様も新たなる伝説を一緒に劇場で分かち合いましょう!」と呼びかけている。

■柚希礼音ソロコンサート『REON JACK』
2016年3月11日(金)〜3月17日(木):大阪・梅田芸術劇場メインホール
2016年3月26日(土)〜4月11日(月):東京国際フォーラム ホールC



オリコントピックス