• ホーム
  • 芸能
  • ドランク・鈴木、憧れの“スネ夫”抜てきに自信

ドランク・鈴木、憧れの“スネ夫”抜てきに自信

 お笑いコンビ・ドランクドラゴン鈴木拓がNHK・BSプレミアムで12月13日(後10:00〜10:59)に放送されるドラマ『ドラえもん、母になる 〜大山のぶ代物語〜』の収録の合間に取材に応じた。現在、認知症で闘病中の大山のぶ代がドラえもんや声優仲間たちと歩んだ26年間を描く同ドラマで鈴木は、スネ夫の声を演じた肝付兼太役に抜てき。「昔から憧れていたスネ夫になれたので、非常に満足してます」と胸を張った。

【写真】その他の写真を見る


 この日は、大山のぶ代(ドラえもん)役の鈴木砂羽野村道子(しずか)役の田中美里小原乃梨子(のび太)役の猫背椿、プロデューサー役の池田鉄洋、肝付兼太(スネ夫)役の鈴木拓(ドランクドラゴン)、たてかべ和也(ジャイアン)役の小川直也が参加。

 番組プロデューサーから「声優ではなく、演じているキャラクターをイメージしてキャスティングした」と聞かされると、鈴木は「ツイッターなんかでは、『なんでお前なんかが肝付さんの代わりを演るんだ』みたいな罵倒があったので、今、合点がいった」と納得。「小中高とアダ名で“スネ夫”と呼ばれてました」と得意げに明かした。

 実際に、肝付さんと対面した経験もあるという鈴木だが「すごいんです、肝付さんはいつも人を楽しませるし、今の声優の礎や労働組合みたいなものをたてかべさんと作ったと聞いて…全く違うなと。だったらスネ夫は俺のが近い。もしよければ今の声優の方より俺の方が…」と“炎上”の火種になりそうな発言も飛び出しつつ「この作品に携われて幸せです」と喜びを噛み締めていた。



関連写真

  • NHK・BSプレミアムで12月13日(後10:00〜10:59)に放送されるドラマ『ドラえもん、母になる 〜大山のぶ代物語〜』に出演するキャスト陣(左から)小川直也、猫背椿、鈴木砂羽、田中美里、鈴木拓、池田鉄洋 (C)NHK
  • NHK・BSプレミアムで12月13日(後10:00〜10:59)に放送されるドラマ『ドラえもん、母になる 〜大山のぶ代物語〜』で大山のぶ代を演じる鈴木砂羽 (C)NHK

オリコントピックス