• ホーム
  • 映画
  • 水樹奈々、スマホデビューに興奮「本当に便利」

水樹奈々、スマホデビューに興奮「本当に便利」

 声優・歌手として活躍する水樹奈々が21日、都内で行われた人気映画シリーズの完結編『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』(公開中)の舞台あいさつに登壇した。作品名にちなみ、自身が今年起こした“革命”を聞かれると「ガラケーからスマホに変えたこと。意地になってガラケーを使っていたけれど、スマホを使ってみたら、本当に便利です」と興奮気味に明かした。

【写真】その他の写真を見る


 スマートフォンの良さについて「画像もキレイだし、データを読んだり聞けたりできる」と感動していたが、同席した前野智昭から「うちの母親と同じこと言っている」とつっこまれてしまい、会場を笑わせていた。

 同作は、スーザン・コリンズのベストセラー小説を基にした、ヒットシリーズ最終章後編。独裁国家パネムへのレジスタンスの象徴的存在となったカットニスが、パネムのスノー大統領暗殺に挑んでいく。カットニスの吹き替え声優を水樹が務めるほか、神谷浩史、前野らが参加している。

 シリーズ完結編を迎えて、水樹は「気持ちがわかるように原作を読まないで台本を見たんですが、台本を見て驚きました! 完結編にふさわしい目の離せない展開と衝撃の結末が待っていますよ」と期待をあおっていた。



関連写真

  • 『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』舞台あいさつに出席した(左から)前野智昭、水樹奈々、神谷浩史  TM&(C)2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  • スマートフォンの機能に感動していた水樹奈々  TM&(C)2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』舞台あいさつに出席した(左から)前野智昭、水樹奈々、神谷浩史  TM&(C)2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

オリコントピックス