• ホーム
  • 映画
  • 二宮和也、吉永小百合の絶賛で改名?「フェアリー和也にします」

二宮和也、吉永小百合の絶賛で改名?「フェアリー和也にします」

 女優の吉永小百合二宮和也が22日、都内で行われた映画『母と暮せば』(12月12日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに登壇。劇中で親子役を演じ、吉永は「二宮さんはリズム感がすごく良かった」と“息子”の演技を絶賛した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、劇作家・井上ひさしさんの代表作『父と暮せば』の対となる作品を制作したいという思いを引き継いだ、山田洋次監督初のファンタジー作品。1948年8月9日、長崎で助産婦として暮らす母(吉永)のもとへ3年前に原爆で亡くしたはずの息子(二宮)がひょっこり現れ、二人で楽しかった思い出話や、残していった恋人の話をして過ごすというストーリー。

 撮影時のエピソードについて、吉永は「山田(洋次)監督から難しい注文が出るんですけど、二宮さんはひょっと受けとめて次のテストではできるようになっていた」と回顧。「リズム感がすごく良くて、男性なんですけどフェアリー(妖精)のようにファっと演じられていました」と手放しで賛辞を送った。

 母の言葉に二宮は「即刻、フェアリー和也に改名しようと思います」と照れ笑い。「すごくお優しい方で、嵐の番組も毎週観てくださって『先週はあぁだった、今週はこうだった』という感じで話してくださるので、フェアリーの情報がどんどん更新されていく」とさっそく自ら使ってみせて、会場を笑わせていた。

 舞台あいさつにはそのほか、黒木華浅野忠信、加藤健一、本田望結、山田監督も登壇した。



関連写真

  • ”息子”二宮和也を絶賛した吉永小百合 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した(左から)加藤健一、本田望結、山田洋次監督、吉永小百合、黒木華、浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した本田望結 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した加藤健一 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス