• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか、道頓堀から「おつかれさまです」を叫ぶ 勤労感謝の日まで投影

綾瀬はるか、道頓堀から「おつかれさまです」を叫ぶ 勤労感謝の日まで投影

 女優の綾瀬はるかが21日夕、都内で映画賞の授賞式に出席している頃、大阪では――大阪市中央区道頓堀にある江崎グリコの大看板に、突如、綾瀬の肖像が映し出されていた。

【写真】その他の写真を見る


 聞こえてくるのは「毎日何かを頑張っているあなたに 無理せずマイペースで頑張ってください。おつかれさまです」と呼びかける綾瀬の柔らかい声。戎橋などから看板を見ていた観光客らは、「なかなか見られないものをみられた〜」とうれしそうに記念撮影を楽しんでいた。

 昨年10月に登場した6代目「道頓堀グリコサイン」はLEDを採用し、多彩な映像演出ができるようになったが、きょう21日から綾瀬を起用した特別映像を上映がスタート。あさって23日の「勤労感謝の日」まで、事前に募集した全国の頑張っている人たちの写真を紹介し、綾瀬が「おつかれさまです!」と労いの言葉をかける映像が投影される。

 日没後30分後から点灯開始、消灯は深夜0時。映像は、毎時00分・15分・30分・45分に実施。毎回1分程度。最終は23日午後11時45分からとなる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 大阪名所・道頓堀グリコサインに女優の綾瀬はるかが登場。頑張っている人たちに「おつかれさまです」と労いの言葉をかける特別映像を投影
  • 特別映像の公開期間は11月21日〜23日まで
  • 大阪名所・道頓堀グリコサインに女優の綾瀬はるかが登場。頑張っている人たちに「おつかれさまです」と労いの言葉をかける特別映像を投影

オリコントピックス