• ホーム
  • スポーツ
  • 棚橋弘至、プ女子ブームを分析「アスリートとして先入観を破壊」

棚橋弘至、プ女子ブームを分析「アスリートとして先入観を破壊」

 新日本プロレスの棚橋弘至選手が20日、都内の書店で『新日本プロレス V字回復の秘密』(長谷川博一著 新日本プロレス監修)出版記念サイン会を開催。プロレス好きの女子、通称“プ女子”が増えていることについての感想を語った。

【写真】その他の写真を見る


 この日のサイン会にも女性ファンが多く詰めかけるなど、プ女子の増加について「いい傾向ですね」と笑顔。「女性の中にプロレスに対して“痛い・怖い・血が出る”といった先入観があって、これまでは会場に来てくれることが少なかった」と過去を振り返り、「最近は、競技者としてのアスリート的な部分を出してプロレスの先入観を破壊してきたので、女性の方が増えてきているのかなと感じます」と分析した。

 会場に女性や子どものファンが増えたことで「会場の雰囲気が華やかになった。『ワーキャー』とか素直なリアクションがレスラーに届く」と変化を明かし、「小さいお子さんから『がんばれー!』って言われたら『よし!』ってなる。だから、ファンの方とレスラーとの間で良いエネルギーの循環があって、盛り上がりを見せてますね」と手応えを語った。

 サイン会の前には、上半身裸の上からエプロンを身にまとった“書店男子”に変身。鍛え上げられた肉体をフルに使って、書籍運びやレジ打ちなどを体験していた。



関連写真

  • プ女子の増加について「いい傾向ですね」と笑顔で語った棚橋弘至選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 裸エプロンでレジ打ち体験をする棚橋弘至選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 本を運ぶ棚橋弘至選手=『新日本プロレス V字回復の秘密』の出版記念サイン会 (C)ORICON NewS inc.
  • 『新日本プロレス V字回復の秘密』の出版記念サイン会を開催した棚橋弘至選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 『新日本プロレス V字回復の秘密』の出版記念サイン会を開催した棚橋弘至選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 女性ファンに本を手渡す棚橋弘至選手=『新日本プロレス V字回復の秘密』の出版記念サイン会 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス