• ホーム
  • 芸能
  • がん治療中の北斗晶、覚悟で丸刈り 夫・健介も応援「一緒に頑張ろ」

がん治療中の北斗晶、覚悟で丸刈り 夫・健介も応援「一緒に頑張ろ」

 乳がんのため右乳房全摘出手術を受け、現在抗がん剤治療中の元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が19日、自身のブログを更新。髪を丸刈りにしたことを写真を添え報告した。

 北斗は「今年の夏は長かった」「秋の初めにバッサリ切って…」とこれまでの写真を添えると「いよいよ…ボロボロボロボロ、抗がん剤の副作用でここ数日がホラー映画の様に抜け始めた」と明かし「髪を掃除も大変だし、手ぐしで抜く癖がついてきちゃったから…も〜こうなったら潔く剃っちゃえ!!」とつづった。

 「覚悟は決めても…絶対に泣く だって、夏には腰まであった髪が、オカッパになり今度はなくなるんだから」と胸中を吐露した北斗。それでも「前髪切りすぎちゃったみたいになったら、ここで皆んなで大笑い」と、泣かずに散髪する様子をつづり、最終的に笑顔で丸刈りにした写真を掲載した。

 続けて「立ち会ってくれたみんな。笑ってくれて有難う私の場合は…こんな時は、笑ってくれた方が救われる私の場合はね 泣いたって騒いだって…逃げられないなら笑った方がいいわ パパも健之介も誠之介も笑ってくれて有難う 花ちゃんも、ハゲ頭をペロッと舐めてくれて有難う」と感謝した。

 また同日、夫で元プロレスラーの佐々木健介(49)も「笑顔が見れた」のエントリーでブログを更新。二人の写真を添え「チャコが泣かなくて良かった〜 一緒に頑張っていこうね」と優しく呼びかけている。

 北斗は右乳房摘出手術を受けた後、4日に入院し抗がん剤治療を開始。6日には退院し、日々の様子をブログで報告している。



オリコントピックス