• ホーム
  • 芸能
  • “読唇術”を発明したテレ朝『キリトルTV』 放送作家陣から高い評価

“読唇術”を発明したテレ朝『キリトルTV』 放送作家陣から高い評価

 テレビ朝日系で不定期に放送されている『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』が、来月10日発売の隔月刊誌『クイックジャパン』(太田出版)で発表される『2015年 テレビオブザイヤー』の企画賞を受賞したことがわかった。

 同番組は、さまざまなスポーツの映像から読唇術でプレー中や試合前後の選手たちの声を拾うことで、今まで知らなかった発見や感動を掘り起こす新しい形のスポーツエンターテインメントショー。元サッカー日本代表で解説者の中山雅史氏とお笑いコンビ・アンタッチャブル山崎弘也という異色コンビの司会も好評で、同局の人気番組となっている。

 『クイックジャパン』が選ぶ「テレビオブザイヤー」は今年で10回目(同誌の創刊は1994年)。今回は伊藤正宏氏、内村宏幸氏、鮫肌文殊氏、そーたに氏、高須光聖氏、田中直人氏などの放送作家11人が、1年を通じて一番面白かったバラエティー番組を選出した。

 『キリトルTV』が受賞した企画賞は、「特別番組、もしくはレギュラー番組の特定の放送回について『企画』を評価したい番組」に贈られるもの。受賞理由として「読唇術の発明」、「本来(放送では)使用しないシーンが企画として成立すること」、「テレビ朝日のスポーツ局のレベルの高さ」、などが評価された。

 次回の放送(第8弾)は22日(後8:58〜11:10)。フィギュアスケート・浅田真央選手のソチ五輪代表発表の場でのひと言を読唇術で解読するほか、同じくフィギュアスケートの羽生結弦選手が大会終了後に選手のいなくなったリンクで見せた知られざる神対応、世界野球プレミア12での活躍目覚ましい中田翔選手の知られざる一面、日本中が興奮したラグビーW杯、南アフリカ戦での歴史的勝利の裏にあった日本代表選手たちの“声”、五輪3連覇を果たした柔道界のレジェンド・野村忠宏氏の引退試合でのつぶやき、そしてスポーツキャスター・松岡修造氏のテレビでは見ることのできない喜怒哀楽などを“キリトル”。ゲストは女優の米倉涼子、サッカー女子日本代表の川澄奈穂美選手ほか。



関連写真

  • 読唇術や独自目線が評価されているテレビ朝日系『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』MCの中山雅史氏と山崎弘也(アンタッチャブル)(C)テレビ朝日
  • 11月22日放送回に米倉涼子がゲスト出演(C)テレビ朝日
  • (左から)竹内由恵アナウンサー、濱口優(よゐこ)、米倉涼子、中山雅史、山崎弘也(アンタッチャブル)、川澄奈穂美、八木沼純子、土田晃之(C)テレビ朝日

オリコントピックス