• ホーム
  • 芸能
  • 川栄李奈、初著書で心境明かす「恋愛禁止だけど、バレなきゃいい」

川栄李奈、初著書で心境明かす「恋愛禁止だけど、バレなきゃいい」

 8月にAKB48を卒業した女優の川栄李奈(20)が、初の著書となるフォトエッセイ『これから』(幻冬舎)を来年1月20日に発売することが明らかになった。AKB48卒業公演の前から、卒業後の初舞台『AZUMI幕末編』を終えたころまで、川栄の人生にとって大きな節目となった時期に制作された同書について、「初めてということで私の本音や思いをありのまま語っています」とコメントを寄せた。

 同書は、唯一無二のおバカキャラで、ファンはもちろん多くのメンバーから愛されてきた川栄の卒業記念として制作。「AKB48は恋愛禁止だけど、バレなきゃいいんだと思います。バレたら、ダメだと思います。バレてもいいくらい好きな人ならいいと思います」など、20歳の女の子の心境や、「できれば27歳くらいで結婚をして、普通に家庭を持ちたい!」など将来についても、ストレートにつづられている。

 著書の出版にあたり、秋元康総合プロデューサーは「“おバカキャラ”で有名になったが、実際の彼女は頭の回転が早く賢い」と川栄を評し、「AKB48を卒業してからの川栄李奈は、まさに“女優バカ”として本領発揮である。『これから』が楽しみだ」とエールを送っている。

 全27章のエッセイのほか、今年の夏に神奈川・葉山や北鎌倉などで撮影された撮り下ろしの写真も多数収録される。



関連写真

  • ファーストフォト&エッセイ『これから』を発売する川栄李奈 (C)幻冬舎
  • おどけた表情のショットも (C)幻冬舎
  • 撮りおろしショット公開 (C)幻冬舎

オリコントピックス