• ホーム
  • 芸能
  • “御意見番”和田アキ子、芸能界ネタ不足嘆く「思いつかない」

“御意見番”和田アキ子、芸能界ネタ不足嘆く「思いつかない」

 歌手でタレントの和田アキ子が19日、東京スカイツリータウンで新アルバム『WADASOUL』発売記念J-WAVE公開収録イベント前に報道陣の取材に応じた。今年の芸能界のニュースについて「なにかコメントしてあげたかったけど、振り返るとなにもない! 今年は何も思いつかないんですよ」と“ネタ不足”を嘆いてみせた。

【写真】その他の写真を見る


 毎度の囲み取材のたびに、そのとき話題になっている芸能界ネタについて“御意見番”として報道陣からコメントを求められる和田だが、きょうも会見終盤には「きょうはなにもニュースなかったんですか? なにかあればどうぞ」と自ら報道陣に調査を開始。

 「せっかくみなさん遠いところまで来てもらって、なにか話してあげようと思ったんだけど、なにもない。社会ネタは多いけど、芸能界ネタは結婚ラッシュとか? ノーベル賞、それから『火花』? あと、なにかありました?」と困惑しながらも、最後には「まぁ、1番はこれでしょう! 『WADASOUL』!」としっかり宣伝してまとめた。

 また、身の周りの今年1番のニュースとして「スマホをちゃんと使いこなせるようになった」とご機嫌の和田。「ツイッターもはじめた。発信するだけで読まないですよ! 私、悪口書いてあると嫌なの! 人は打つけど打たれ弱いの!」と自虐的に笑っていた。

 イベントでは自身初の2ショット写メ会を実施。収録された模様は24日、J-WAVE『BEAT PLANET』でオンエア予定。



関連写真

  • 芸能界ネタ不足を嘆いた和田アキ子 (C)ORICON NewS inc.
  • 新アルバム『WADASOUL』発売記念J-WAVE公開収録イベントを行った和田アキ子 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身初の2ショット写メ会を実施した和田アキ子=新アルバム『WADASOUL』発売記念J-WAVE公開収録イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス