• ホーム
  • スポーツ
  • 川崎宗則選手、インタビュー高評価に自虐 本業での活躍誓う

川崎宗則選手、インタビュー高評価に自虐 本業での活躍誓う

 大リーグ・ブルージェイズからFA(フリーエージェント)となった川崎宗則選手が19日、都内で行われた『第2回 花の国コロンビア・アワード』授賞式に出席。インタビュー対応が国内外で絶賛されていることについて、率直な思いを明かした。

 その明るいキャラクターで、グラウンドを離れた場所でもファンを魅了している川崎選手。昨年『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系 毎週水曜 後11:15)で、自身の英語インタビューが現地で大ウケしている米国の番組が紹介され、国内で大きな話題に。今年10月に行われた地区シリーズ後に見せた英語でのインタビュー対応も、アメリカの複数メディアからも賞賛されていた。

 これを受けて、司会者から「川崎選手はメジャーリーグでのインタビューもけっこう評判で、面白く見ている方もたくさんいらっしゃると思うのですが?」との質問を受けると、「まぁ、インタビューしか評判じゃないというね。一応野球選手なんで…」と自虐。集まったファンへ「野球大好きなので。ちゃんとプレーもしますので、安心してください!」と本業での活躍を誓っていた。

 また、「花が似合う理想の夫婦」とのテーマに合致したことから同アワードを受賞したことについては「すごく良かったです。これからも花に興味を持って、花を贈るということが日本人も恥ずかしがらずにできるように、僕が率先してやろうと思います」と語った。



関連写真

  • インタビューの評判に率直な思いを明かした川崎宗則選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第2回 花の国コロンビア・アワード』授賞式に出席した川崎選手 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス