• ホーム
  • 映画
  • ジョン・ラセター氏、アロハシャツへのこだわりは? 『アーロと少年』プレミア開催

ジョン・ラセター氏、アロハシャツへのこだわりは? 『アーロと少年』プレミア開催

 ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』(来年3月12日公開)のワールド・プレミアが18日、米ロサンゼルスのエル・キャピタン劇場で行われ、製作総指揮を務めたジョン・ラセター氏や、長編アニメーション初監督のピーター・ソーンらが登場。同作について「愉快でとても感動する映画だよ。ぜひ日本の皆さんも楽しみにしていてください」と公開を待ち望む日本のファンへ向けてメッセージを送った。

 同作は、恐竜が絶滅しなかった地球を舞台に、弱虫な恐竜・アーロが大好きな家族の元に帰るため壮大な冒険に出る感動のアドベンチャー・ファンタジー。日本語吹き替え声優として安田成美松重豊八嶋智人片桐はいりが参加する。

 会場には、本作で描かれる大自然をイメージしたレッドカーペットならぬ“リバーカーペット”が出現。『第88回アカデミー賞』長編アニメーション部門ノミネーションも期待される本作に、世界中の注目が集まるワールド・プレミアとなった。

 製作総指揮を務めるラセター氏は、恐竜アーロと少年スポットが初めての友達となることにちなみ、ラセター氏の初めての日本人の友だちが誰かを聞くと「僕の“初とも”は宮崎駿なんだ。彼のことが大好きだよ」と変わらぬ友情をアピールした。

 さらに、毎回“アロハシャツ”を着てプレミアに登場することで知られ、今回のプレミアでは水色に恐竜アーロと少年スポットたちの可愛い姿が散りばめられたアロハを着用。こだわりは年々増しているそうで、自宅のクローゼットは数千枚のアロハを柄別にテーマを決め収納しており、公の場でも日常でもTPOに合わせて着用しているという。

 ソーン監督は、ラセター氏から受けた助言として「ジョンはいつも“ストーリー、ストーリー、ストーリー”、“クオリティ、クオリティ、クオリティ”を要求するんだ。彼はまずこの2つを大事にしていたよ。でもそれだけじゃなくて、何か違うことをやってみるというアイディアもとても勉強になった。彼の発想はDNAに染みついているんだね」と、作品を作る上で人とは違うことを求める姿勢を間近で学んだと語っており、新作が完成するたびにその作品に合わせて作るアロハにも、そんな意味が込められているのかもしれない。



関連写真

  • ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』ワールドプレミアに登場したジョン・ラセター。毎回作品に合わせたアロハシャツで楽しませてくれる (C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』ワールドプレミアに登場した(左から)ピーター・ソーン監督、プロデューサーのデニス・リーム、ジョン・ラセター(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 会場には大自然をイメージしたレッドカーペットならぬ“リバーカーペット”が出現(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オリコントピックス