• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『ラブライブ!』第1シリーズ、来年1月よりEテレで放送

アニメ『ラブライブ!』第1シリーズ、来年1月よりEテレで放送

 6月公開の劇場アニメ『ラブライブ! The School Idol Movie』が興行収入28億円を突破するヒットを記録し、アニメファン・キャスト(声優)ファンの枠を超えて注目されるようになったアニメ『ラブライブ!』の第1シリーズ(全13話)が、来年1月2日よりNHK・Eテレで随時放送されることが18日、わかった。

 東京の秋葉原、神田、神保町という3つの街のはざまにある音ノ木坂学院。歴史と伝統ある学校だが、生徒が集まらず、統廃合の危機に瀕(ひん)していた。「このままでは大好きながっこうがなくなってしまう」。学院の危機に、2年生の高坂穂乃果を中心とした9人の少女たちが立ち上がる。救済計画として穂乃果たちが考えたのは、自分たちがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やすというもの。果たして穂乃果たちは学校を救うことができるのか。彼女たちの「みんなでかなえる物語(スクールアイドルプロジェクト)」がいま、始まる。

 同アニメの初放送は2013年1〜3月。14年4月より第2シリーズが放送され、今年、劇場アニメに進出。穂乃果たちが結成したアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」は、キャスト(声優)によるリアルな音楽活動(CDリリースやライブイベント)でも人気を博し、アニメだけでなく、雑誌連載、ノベル・コミック、スマートフォンアプリ、ラジオなど、さまざまなメディア展開をして一大ブームを巻き起こしている。

 Eテレでは、1月2日午後4時から第1話を放送。第2話以降の放送スケジュールは後日、公式ホームページ等で発表される。



オリコントピックス