• ホーム
  • 芸能
  • Sowelu、ポリープ手術で入院 筆談に苦戦「喋れないって本当に辛いわ…」

Sowelu、ポリープ手術で入院 筆談に苦戦「喋れないって本当に辛いわ…」

 歌手のSowelu(33)が17日、自身のインスタグラムを更新し、ポリープの手術のため入院していることを明かした。

 Soweluは「実は私ポリープになってしまって、昨日から入院して今朝手術をしてきました」と報告。「人生初の全身麻酔だったし、手術だったし私の命である声の事だから色んな不安でゆうべもなかなか眠れなかったけど、まずは無事に終わって本当に良かった」と手術の成功を喜んだ。

 現在は声を出すことができず、「3日間は完全沈黙しなきゃいけなくて、筆談で家族や看護婦さんたちとやりとりしてる」というが、「喋れないって本当に辛いわ…」と苦労している様子。心配したファンから応援のコメントが多数寄せられると、Soweluは「ありがとう」と直筆のメッセージボードの写真を投稿し、「みんな、本当に本当にありがとう。 Thankyou so much everyone」と感謝の気持ちをつづった。

 Soweluは2002年にデビュー。活動10年を迎えた12年に「自分自身が成長することがよりよいアーティストになる唯一の方法だと思う」と活動休止を発表。今年5月に約3年ぶりの活動再開を報告していた。



オリコントピックス