• ホーム
  • 芸能
  • 民放ラジオ3局、12・7に特番同時生放送 ワイドFM開始記念で夢の共演

民放ラジオ3局、12・7に特番同時生放送 ワイドFM開始記念で夢の共演

 TBSラジオ&コミュニケーションズ、文化放送、ニッポン放送の民放ラジオ3局は17日、合同社長会見を開催し、「ワイドFM(FM補完放送)」を12月7日午後1時に開局し、開局記念番組「FMでもキキマス!ゴールデンたまむすび」を3局同時に生放送することを発表した。

 ワイドFMとは、首都直下地震等の大災害による放送設備被害等への「災害対策」や、放送エリア内の建物の堅牢化およびIT機器等から発生する雑音障害等による「都市型難聴」などの課題対策のために整備される、FM方式による中継局のこと。

 3社はかねてから共同で作業を進め、昨年9月3日の予備免許交付以来、東京スカイツリーに送信アンテナを設置し、10月5日より試験電波を発射、送信設備の点検、送信・受信状況の調査を行ってきた。さらに、一般からの問い合わせ対応や混信対策など様々な作業を進め、開局に向けて目処が立ったことから、きょう具体的な「開局日」が公表された。

 開局記念番組は、赤江珠緒(TBSラジオ)、大竹まこと(文化放送)、大谷ノブ彦(ニッポン放送)という3局の昼のワイド番組のパーソナリティーが、夢の共演。各番組のパートナーも企画内で出演し、東京スカイツリー天望デッキ特設スタジオから放送される。

 午後0時55分から放送スタート。AM波のみで聞ける冒頭5分は火入れ式の模様を中継し、午後1時からワイドFMでの放送も開始する。ワイドFMの周波数は、TBSラジオが90.5メガヘルツ、文化放送が91.6メガヘルツ、ニッポン放送が93.0メガヘルツ。



オリコントピックス