• ホーム
  • 芸能
  • 『ノラガミ』舞台化 夜ト役に鈴木拡樹、雪音役に植田圭輔

『ノラガミ』舞台化 夜ト役に鈴木拡樹、雪音役に植田圭輔

 『月刊少年マガジン』(講談社)で連載され、きょう17日にコミックス最新15巻が発売されたあだちとか氏の漫画『ノラガミ』が、舞台化されることが明らかになった。

 あらゆるものを斬る能力を持つが、貧乏でマイナーな神様である主人公・夜ト(やと)、神の道具である神器(しんき)となった死霊の少年・雪音(ゆきね)、魂の抜けやすい半妖体質となった少女・壱岐(いき)ひよりの3人に芽生える絆、そして神々との戦い、夜トの秘められた過去を描くダーク・アクションファンタジー。2014年にテレビアニメ化され、現在、TOKYO MXほかで第2期となる『ノラガミ ARAGOTO』が放送中。

 今回の舞台では、原作をもとにしたオリジナルストーリーが描かれる。夜ト役を演じるのは、『最遊記歌劇伝』で主役の玄奘三蔵役や、舞台『弱虫ペダル』で荒北靖友役などを演じた鈴木拡樹。雪音役には、舞台『戦国無双〜関ヶ原の章〜』の石田三成役、『PERSONA3 the Weird Masquerade 〜蒼鉛の結晶〜』のファルロス役を演じた植田圭輔。最強武神・毘沙門天の神器である兆麻役には、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン・6代目手塚国光役、『ダイヤのA The LIVE』で御幸一也役を演じた和田琢磨の出演が決定している。
 
 来年1月28日から31日まで、東京・渋谷の「AiiA 2.5 Theater Tokyo」で全8公演の予定。チケットは特典付きで、前方座席のプレミアムシート(9800円/税込)と一般席(6800円/税込)の2種類があり、本日、17日午前10時から29日午後11時59分まで、公式ホームページで一次抽選先行販売を実施。

■出演
夜ト…鈴木拡樹
雪音…植田圭輔
壱岐ひより…長谷川かすみ
毘沙門…安藤彩華
兆麻…和田琢磨
小福…糸原美波
大黒…友常勇気

■舞台『ノラガミ』公式サイト
http://noragami-stage.net/



オリコントピックス