• ホーム
  • 芸能
  • “食レポ後輩”石塚英彦、彦摩呂ら阿藤さん悼む「早すぎます」

“食レポ後輩”石塚英彦、彦摩呂ら阿藤さん悼む「早すぎます」

 俳優・阿藤快さん(享年69)が亡くなったことを受け、グルメレポートで共演した“後輩”のお笑いコンビ・ホンジャマカの石塚英彦、彦摩呂らがブログや所属事務所を通じて悲しみのコメントを寄せた。

【写真】その他の写真を見る


 石塚は事務所を通じて「誰よりもロケ先の、おじちゃん、おばちゃんと距離を縮めるのが早い人でした。辛すぎるものには『辛い!』、しょっぱすぎるものには『しょっぱい!』とウソをつかない人でした」と阿藤さんの人柄とレポート力に触れ「グルメレポートで色々な事を教えて下さいました。尊敬を通り越して大ファンでした。偉大なる先輩。ご冥福をお祈りいたします」とコメントを寄せた。

 この日、阿藤さんが岡山県で行う予定だった講演の代役を務めた彦摩呂はブログで「悔しい…悲しい…また大声で笑って、ツバをいっぱい飛ばして喋って下さいよ…! 『なんだかな…』が聞きたい…寂しいです…」と胸中を吐露。阿藤さんとの数々の思い出を振り返り「60歳になっても70歳になっても、快さんのように、ジーンズ履いてロケに行く!」とつづった。

 続けて「快さん…帰って来て下さいよ! 来年70歳の誕生日だよ! またお祝いして飲みましょうよ…! 戻らない旅に出やんといて…!」と天国の阿藤さんに呼びかけ「快さんなんにも、恩返しが出来なかったです…すみません…どうか安らかに…今まで、本当に、ありがとうございました…(泣)」と感謝の思いを伝えた。

 大食いタレントで知られるギャル曽根は、ブログで「いつも会うとニコニコ優しくいろんな事を教えてくださった大好きな阿藤快さん。まだまだたくさんお話ししたかった」と悲しみ「まだまだたくさんいろんな事を教えていただきたかった。こんな若い私にも分け隔てなく優しく接してくださった阿藤快さん。早いです。早すぎます。もう会えないなんて信じられません」と、その面影に思いを馳せた。

 阿藤さんは東京都立大学(現・首都大学東京)卒業後に俳優座に加入。数多くのドラマや映画で活躍したほか、グルメ番組や旅番組のレポーターなど幅広い分野で活躍。多くの世代から人気を集めていた。2001年11月14日に阿藤海から阿藤快に改名している。



関連写真

  • 阿藤快さんの訃報にコメントを発表した石塚英彦(C)ORICON NewS inc.
  • ギャル曽根が公開した阿藤快さんとの2ショット(ギャル曽根のブログより)
  • 阿藤快さん
  • 阿藤快さん(公式サイトより)

オリコントピックス