• ホーム
  • 芸能
  • 瀧本美織、新ドラマで“元気”イメージ封印「新しい発見あった」

瀧本美織、新ドラマで“元気”イメージ封印「新しい発見あった」

 女優の瀧本美織が16日、NHK大阪放送局で行われたNHK総合のドラマ10『わたしをみつけて』(24日スタート 毎週火曜 後10:00 全4回)試写会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、中脇初枝の同名小説が原作。生後間もなく親から捨てられた過去を持つ孤独な看護師・山本弥生(瀧本)が、新しい看護師長・藤堂優子(鈴木保奈美)らとの出会いを通じて、自分の殻を破って成長する姿を描く。

 瀧本は「弥生ちゃんを通して知らなかったことを知ることができたり、小さな新しい発見があった」と心情を丁寧に描くことができたという撮影を振り返る。「今までは元気で明るい女の子っていうイメージをよく持たれていたけれど、静かに役と溶け込んでいて違和感なく演じられた。私自身も自分探しの途中なので、そういう部分が弥生ちゃんと重なった」と話していた。

 共演した鈴木は「帰るときにすごく早くて、さって帰っていく感じがかっこいい」と明かしつつ、「役と真摯(しんし)に向き合っていて、これからも見習わないとって思いました」と感銘を受けていた。



関連写真

  • NHKドラマ10『わたしをみつけて』の試写会に出席した瀧本美織 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ10『わたしをみつけて』の試写会に出席した瀧本美織 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス