• ホーム
  • 芸能
  • 田畑智子が包帯巻いて仕事復帰 負傷は「左手親指の付け根」と訂正

田畑智子が包帯巻いて仕事復帰 負傷は「左手親指の付け根」と訂正

 女優の田畑智子(34)が14日午後8時半すぎ、NHKドラマ『逃げる女』(来年1月9日スタート 毎週土曜 後10:00)の撮影のため神奈川県内のスタジオを訪れた。9日ぶりの仕事復帰の場で、大勢の報道陣を前に「この度はお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 田畑は5日、交際相手の俳優・岡田義徳(38)の自宅で調理中、誤って手首を切り救急搬送。「自殺未遂か」などの報道が駆け巡る大騒動となったが、所属事務所はその日のうちに「包丁でかぼちゃを切ろうとしたところ手を滑らせ、誤って切ってしまったようです」と説明した。

 第1発見者は岡田だった。田畑は「切ってしまってから15〜20分後に帰って来てくれた」と感謝し「いろいろとうろたえていたところに帰ってきてくれた。驚かせてしまったけど、(来てくれて)安心しました。タオルを持ってきてくれて、『止血したほうがいいよ』と言ってくれた」といい、そのまま病院に付き添った。

 一部始終について「そのとおりです」と認めた田畑だが、手首を切ったとの報道には「(左手の)親指の付け根です。10針ほど縫いました」と訂正。袖口から包帯がチラリと見え「来週には抜糸ができるみたいです。手術はしてないです」。この日が仕事復帰となり「けがのほうも回復したので予定どおりお仕事することができます。関係者の方々、お騒がせして本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 岡田に対してカメラ越しに「お仕事頑張ってくださいという気持ちと、ご迷惑おかけしてすいません…」と語り掛けた田畑は、その後交際について矢継ぎ早に質問が飛んだが、関係者がシャットアウトする形でスタジオに入った。

 一方、岡田も前日の13日、岡山県内で行われた同局系ドラマの会見に出席し「この度はお騒がせして申し訳ございませんでした。それ以外言いたいことはありません」と頭を下げて謝罪。現状については「元気でやっていますのでご心配なく」と話していた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 9日ぶりに仕事復帰した田畑智子。切ったのは「左手親指の付け根」と訂正した (C)ORICON NewS inc.
  • 詰めかけた大勢の報道陣を前に謝罪した (C)ORICON NewS inc.
  • 9日ぶりに仕事復帰した田畑智子。左手首には包帯が巻かれている (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス