• ホーム
  • 映画
  • 安倍首相、日トルコ合作映画『海難1890』鑑賞 「ともに手を取り合っていく」

安倍首相、日トルコ合作映画『海難1890』鑑賞 「ともに手を取り合っていく」

 トルコを訪問中の安倍晋三首相は13日夜(日本時間14日未明)、イスタンブールのユルドゥズ宮殿で、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領とともに両国合作映画『海難1890』(12月5日公開)を鑑賞した。

 同作は、125年前に和歌山県沖で遭難したトルコ軍艦の乗組員を現地の人々が救助、治療をし、彼らの命を救った「エルトゥールル号海難事故」と、その95年後のイラン・イラク戦争時のテヘランで取り残された日本人たちをトルコ機が救出した「イラン・テヘラン在留邦人救出劇」という2つの史実を題材にしている。

 15・16日にトルコ・アンタルヤで行われる20ヶ国・地域首脳会議(G20)に先駆けて鑑賞会が行われ、出演したトルコ人俳優ケナン・エジェ、メリス・ババダー、田中光敏監督も同席した。

 上映が終わると自然と拍手が起こり、田中監督はトルコの映画制作協力に感謝を伝えて「この125年のトルコと日本の友情を見習って、私たち映画人も学び友情の輪を広げ、世界への平和、友情のメッセージとして広がっていくことを願います」と、あいさつをした。

 安倍首相は「1985年3月、トルコによる日本人救出の際、外務大臣であった父・安倍晋太郎の秘書官として、私はこの歴史的瞬間の話を耳に致しました。あの時の感動と感謝の気持ちは今でも忘れませんし、今、プレミア上映を一緒に拝見をさせていただきまして、あの時の感動・感激が再びよみがえって参りました」。

 続いて「日本とトルコは広いアジアを東西から支える2つの翼です。エルドアン大統領とともに手を取り合って日本とトルコが作るその2つの翼をより強く大きく、羽ばたかせていきたいと思います」と力を込めた。

 エルドアン大統領も「友情の映画が作れて感激しています。この映画は日本とトルコの文化の関係を近くする」と述べていた。



関連写真

  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』を鑑賞した安倍晋三首相、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領
  • (左から)ケナン・エジェ、田中光敏監督、メリス・ババダー

オリコントピックス