• ホーム
  • 芸能
  • 新井浩文、すご腕ピアニスト役「どうしよう」

新井浩文、すご腕ピアニスト役「どうしよう」

 俳優の新井浩文が13日、岡山県内で行われたNHK BSプレミアムの岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』(来年1月27日、後10:00)ロケ地取材会に出席。かつてジャズピアニストという夢を諦めた過去のある主人公を演じる新井は、自身の役柄が“すご腕”という設定を会見中に聞いて「これからそのシーンを撮るのでプレッシャーになりました。今ピアノのことで頭がいっぱい」と不安を吐露して笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 小学校1〜6年までクラシックピアノを習っていた経験はあるが、「ジャズとは全然違う」と苦労している様子。オファーを受けた当初から「ピアノどうするのかな、どうしよう、どうしようってそればっかり考えていた」と苦笑していた。

同作は、NHK『はじまりの歌』『風をあつめて』の荒井修子氏が脚本を担当。ジャズピアニストという夢を諦め、倉敷でデニム加工職人として生きる健二(新井)は、女流画家・みゆきに出会い引かれていくが、みゆきには誰にも言えない過去があった。それを知った健二は動揺するが、「記念日レター」と呼ばれる倉敷の特別郵便で送られてきたみゆきからの手紙が、2人の未来を変えていく。

 みゆきを演じる美波は、フランス・パリへの1年間の演劇留学を終えてから初の映像作品となり、オファーには「ちょっと考えた。まだパリに残ってやろうという時期に映像に出ることが本当にいいのか考えたけれど、1年離れてもお話をいただけるのがありがたかった」と出演を決意。「1年経って、素直に芝居ができるようになった気がする。重たい役ですが、心躍らせながらお芝居しています」と笑顔を見せていた。

 そのほか、岡田義徳、山口まゆ、青山草太、片岡鶴太郎が出席。中島美嘉が主題歌を担当することが発表された。



関連写真

  • ドラマ『インディゴの恋人』で主演を務める新井浩文 (C)ORICON NewS inc.
  • 出演者一同(左から)青山草太、山口まゆ、美波、新井浩文、岡田義徳、片岡鶴太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 共演者の岡田義徳 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK BSプレミアム岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』ロケ地取材会に出席した美波 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK BSプレミアム岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』ロケ地取材会に出席した片岡鶴太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK BSプレミアム岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』ロケ地取材会に出席した青山草太 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK BSプレミアム岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』で主演を務める新井浩文 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK BSプレミアム岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』ロケ地取材会に出席した岡田義徳 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス