20代女性向け新感覚マガジン『This!』 あす13日創刊

 20代女性に向けた新しいカジュアルファッションマガジン『This!(ディス)』(小学館)があす13日、創刊される。ジャンルは異なるものの世間的に大ヒットした雑誌・作品を担当した同社の女性編集者3人が、20代女性が本当に読みたいものを突き詰め、それぞれ得意分野のコンテンツを持ち寄って編集。「これさえ読めば、大人になるのは怖くない!」をテーマに、雑誌を読んで感じるワクワクする気持ちを、今まさに大人への扉の前で立ちすくむ女性たちに届けていく。

 これまでに、話題のヒップホップユニット「水曜日のカンパネラ」ボーカルのコムアイ(23)が初挑戦する巻頭グラビア、演出家・藤田貴大氏の密着取材とロングインタビュー、今日マチコ氏や鳥飼茜氏による描き下ろし新作漫画など、注目企画が発表されてきた。

 発売直前に新たに公開されたのは、充実した読み物企画。気鋭の社会学者・古市憲寿、東京都北区赤羽在住の漫画家・清野とおる氏、『おじさん図鑑』(同社刊)で一躍脚光を浴びたイラストレーター・なかむらるみ氏が、赤羽の街を散策しながら、自らのこれまで、そしてこれからを赤裸々に語り合う。次第に話は脱線し、彼らの街歩きも思いがけない方向へ進んでいく。

 そのほか、シンガーソングライターとして独特の作品を発表しているアーティスト・青葉市子や、『喝!迷える女子の人生相談』(同社刊)をはじめ女子の生き方に関する著述を数多く発表している湯山玲子氏がコラムを寄稿。端的な文章の中にハッと気づかされることがちりばめられている。

 さらに、同号の特集タイトル「進路」にちなんだ総力企画「あこがれの仕事につく100人の図鑑」には、ミュージシャン、タレント、芸人、ファッションデザイナー、漫画家、グラフィックデザイナー、テレビプロデューサー、メディアアーティストなど、各ジャンルで今まさに売り出し中、またその裏方にたずさわるクリエイターが登場。彼らがなぜその仕事についたのかを、This!読者世代の20代女子たちに熱く、優しく語りかける。

 コムアイが表紙を飾る『This!』創刊号は、税抜き750円であす発売。

『This!』公式サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/this/



関連写真

  • 11月13日刊行される新たなカジュアルファッションマガジン『This!(ディス)』(小学館)
  • 『This!』で自身について赤裸々に語った社会学者の古市憲寿 (C)篠山紀信

オリコントピックス