• ホーム
  • 芸能
  • 海老蔵の母・堀越希実子さん、孫の初舞台と息子のイクメンぶり明かす

海老蔵の母・堀越希実子さん、孫の初舞台と息子のイクメンぶり明かす

 堀越希実子さんが、12日放送のフジテレビ系『ノンストップ』(月〜金 前9:50)にVTR出演。孫の勧玄(かんげん ※正しくは「勧」の旧字体)くん(2)の初お目見えの喜びや、息子・市川海老蔵のイクメンぶりについて語った

 勧玄くんの初お目見えに「楽屋で落ち着きがなかったから、舞台上で泣き出すんじゃないかな、とドキドキラしていた」という希実子さんだったが、舞台を終えた勧玄くんが「僕は感動しちゃった」と感想を述べたことに「歌舞伎俳優としての風格を感じた」と目を細める。そして、「でも、お父さん(海老蔵)が一番緊張したんじゃないかな。親の気持ちがこういう時にわかってくれるんじゃないかしら」と海老蔵の心境も察した。

 希実子さんは息子・海老蔵のプライベートなエピソードも披露。散歩をしている時に偶然、勧玄くんと長女の麗禾(れいか)ちゃんをベビーカーに乗せて押している海老蔵と遭遇した。「こんな大変なことをしてるの?と聞いたら、そうだよ。親父はやらなかっただろ、こんなこと。僕はちゃんと子どもの面倒を見てるんだ」と、海老蔵のイクメンぶりをうれしそうに明かしている。

 だが、2012年に亡くなった夫の故・市川團十郎さんの話になると、「孫との共演を楽しみにしていた」が、病気のため実現できなかったことを悲しそうに語り、「(亡くなったショックから)まだ立ち直っていないかもしれない。落ち込むときはすごく落ち込む」と心境を吐露。しかし、團十郎さんが亡くなった1ヶ月後に誕生した勧玄くんや麗禾ちゃんなど家族や、友達が支えになっているといい、「前向きに生きていかないといけないと」と語った。

 希実子さんは1976年に團十郎(当時・海老蔵)さんと結婚。歌舞伎の名門・市川宗家を支えながら着物デザイナーとしても活躍している。



オリコントピックス