• ホーム
  • 芸能
  • 波瑠、朝ドラ好調も「調子乗らず」 佐野元彦氏“反響”を分析

波瑠、朝ドラ好調も「調子乗らず」 佐野元彦氏“反響”を分析

 NHK連続テレビ小説『あさが来た』の新たな出演者発表会見が11日、大阪放送局で行われ、ヒロインの波瑠玉木宏のほか、出演が発表された瀬戸康史桐山照史ジャニーズWEST)、辻本茂雄小芝風花が出席。番組後半を盛り上げるべく、それぞれ意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 10日に放送された第38話の平均視聴率が24.8%を記録したばかり。波瑠は「ありがたいです」と反響の大きさを喜び、「私たちは、よりおもしろいドラマを届けていこうと頑張っているので、それに数字がついてきたらうれしいこと。正直、いろいろびっくりぽんではありますが、あぐらをかかず、調子に乗らず、あした突き落とされるつもりで頑張ります」と心境を明かした。

 過去最高を更新すると、出演者、スタッフに小さいぽち袋の大入りを出されるようで、制作統括の同局・佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーいわく中身は「気持ち」。

 佐野CPも反響の大きさに喜びつつ、「まずヒロインの人間像が愛されている」と好調の要因について話し、「夫婦像、姉妹の関係など、普通の人間関係が丁寧に描かれている。これは大森(美香)さんの脚本の力。どの人に興味を持って見られるし、その興味があさへの興味につながっていくのが大きい」と分析。

 朝ドラ初の幕末スタートに不安もあったようだが、「これだけ見てもらえたら、朝の連続テレビ小説で描ける時代が広がった」と声を弾ませ、「出てくださる方もつくる我々も攻めているという意識がある。あさちゃんは初めての時代劇ヒロインだし、そういうことは自分自身の誇りになっていっているんじゃないかと思う」と語っていた。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の出演者発表会見に出席した(左から)波瑠、玉木宏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決まった吉本新喜劇座長の辻本茂雄 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決まった瀬戸康史 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決まった小芝風花 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の新キャスト発表会見に出席した玉木宏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の新キャスト発表会見に出席した (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス