• ホーム
  • 芸能
  • 辻本茂雄、朝ドラ出演「51歳の転校生」 『あさが来た』新キャスト発表

辻本茂雄、朝ドラ出演「51歳の転校生」 『あさが来た』新キャスト発表

 吉本新喜劇座長の辻本茂雄(51)が、NHK連続テレビ小説『あさが来た』(月〜土 前8:00 総合ほか)に出演することが11日、わかった。大阪放送局で行われた会見に出席した辻本は「51歳にして初めての朝ドラ」と出演を喜び「このドラマの鍵になると聞いているので、精一杯頑張りたい」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 辻本が演じるのは、来年1月18日から登場予定の元大蔵相の役人・山崎平十郎。日本の発展に役立つ民間の銀行を作り上げる仕事を志、両替屋から銀行に変わろうとする加野屋に現れ、あさ(波瑠)に雇って欲しいと頼み込む。無口だが有能な仕事ぶりで、やがてあさの右腕として活躍する。

 1週間前から撮影に入ったといい「51歳のおっさんの転校生みたいになっている。まだ(現場に)馴じんでいない」と明かし、難しいせりふにも苦戦している様子。ヒロインの波瑠から「パートナーシップを築いていきましょう」と呼びかけられると、「2人とも頑張ったらどうや」と新喜劇でおなじみの言い方で返し、笑わせていた。

 そのほか、日本の女性の高等教育を広めるために奔走するなかであさと出会い、女子大学設立に情熱をかける成澤泉役に瀬戸康史、すでに発表されていたキャストとして玉木宏演じる白岡新次郎の弟・白岡榮三郎役の桐山照史ジャニーズWEST)、あさの長女・白岡千代役の小芝風花の出演が発表され、それぞれ意気込みを語った。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決まった吉本新喜劇座長の辻本茂雄 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の新キャスト発表会見に出席した(左から)波瑠、玉木宏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決まった瀬戸康史 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演が決まった小芝風花 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の新キャスト発表会見に出席した玉木宏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の新キャスト発表会見に出席した (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス