• ホーム
  • 音楽
  • 『PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜』特別映像が公開 ヒューも映像美に太鼓判

『PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜』特別映像が公開 ヒューも映像美に太鼓判

 『ハリー・ポッター』シリーズのワーナー・ブラザースが新たに手がけたファンタジー超大作『PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜』(公開中)。ネバーランドの世界を体感できる特別映像が11日、ORICON STYLEに到着した。映画の世界観を最大限に表現した映像美にも注目が集まっており、海賊・黒ひげ役を演じたヒュー・ジャックマンも「僕らは監督が思い描いたネバーランドの世界を実際に体験できたんだよ。ネバーランドが舞台だとさらに3Dが生きるんだ」と、同作の世界観と3D版映像に太鼓判を押している。

 本作は、世界的に有名なキャラクター・ピーターパンの秘められた過去が描かれたファンタジー大作。少年ピーター(リーヴァイ・ミラー)が母親と再会するためネバーランドへと旅立ち、数々の試練を乗り越えて“大切なもの”を学んでいく。

 本編を3Dで鑑賞した2、30代の女性たちからは「3D作品を初めて観ましたが、すんなり映画の世界に入り込めリアルに感じることができました」などの映像の美しさを絶賛するコメントが寄せられ、「気が付くとネバーランドにいる気分になっていて、戦いのシーンではついつい体が動いてしまった!」など、3D版を観たことでよりキャラクターに共感できたという声があがっている。

 今回解禁された特別映像は、夢と希望の国・ネバーランドを舞台に、宇宙空間を漂う海賊船やネバーランドに住む幻想的な生き物たち、カラフルな森で繰り広げられる海賊との戦いなど、ハラハラ、ドキドキさせるような世界観がたっぷりと映し出されている。

 映像内では、ジョー・ライト監督が「臨場感あふれる世界をめざし、万華鏡のような不思議な旅に観客をいざなったんだ。3Dなら、どっぷりとこの世界に浸れるはずだよ」と語り、ピーターの心情の変化や成長していくその姿を共に感じられる出来栄えに満足している様子。

 ヒューも「監督は真の意味でビジョンを持つ監督であり、子供の心に入り込んで暴れまくることができる大人なんだ。だからこの映画では、これまで誰も観たことのないネバーランドが登場する」と、子どもの頃の気持ちを思い出しながら鑑賞したことを明かしている。日常生活では想像もつかない世界観が飛び出す3D版に、さらに注目が集まりそうだ。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス