• ホーム
  • 映画
  • 松田龍平、10年ぶり時代劇出演 中村義洋監督「得体が知れない俳優になった」

松田龍平、10年ぶり時代劇出演 中村義洋監督「得体が知れない俳優になった」

 俳優の松田龍平が、阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』(来年5月14日公開)で、『長州ファイブ』(06年)以来10年ぶりに時代劇映画に出演することが9日、わかった。藩の財政を預かる出入司をつとめる役人・萱場杢(かやば・もく)役で、冷酷無比な切れ者を演じる。中村義洋監督は、自身の監督作『アヒルと鴨のコインロッカー』(06年)以来となる松田について、「僕の想像をはるかに超える、ゾッとするまでの冷淡さを見せてくれて、これはもう本当に、最高の褒め言葉として、得体が知れない俳優になったなぁと、舌を巻かせていただきました」と感嘆している。

 同作は、磯田道史氏の『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を映画化。今から240年ほど前の江戸中期、仙台藩吉岡宿。年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した住人たちがいた―。実在した穀田屋十三郎(こくたや・じゅうざぶろう)ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て奔走する。

 造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋を阿部が演じるほか、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)を瑛太、十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)を妻夫木聡が演じる。

 新たに松田ら10名のキャストが発表され、穀田屋がほのかに思いを寄せる飯屋のおかみで未亡人の“とき”役で竹内結子が出演。初の時代劇映画に「メイク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさと良い緊張感をもって撮影に臨むことができたと感じています」と手応えをにじませている。

 そのほか、宿場町の仲間として寺脇康文きたろう千葉雄大橋本一郎中本賢西村雅彦、さらに十三郎と甚内の両親役で草笛光子山崎努の出演が発表された。

 中村監督は「今回ほどキャスティングに時間を使った映画はありません」と、バランスなども考慮しながら慎重に配役したことを明かし、「今どき何ともぜいたくな時間の使い方をさせていただいた気がします」と振り返る。原作に登場しない竹内が演じるキャラクターは、ほぼアテ書きしたといい、「時代劇の経験がない、というのも大きかったです。ああ、結子さんの日本髪を一度でいいから拝んでみたい、という思いも重要な決め手の一つであったことは否めません」とこだわりを語っている。



関連写真

  • 阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』のキャストが発表。松田龍平(左)は10年ぶりに時代劇出演 (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
  • 阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』 (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

オリコントピックス