• ホーム
  • 映画
  • 乃木坂・西野七瀬、センター経験で変化「考え方とか変わった」

乃木坂・西野七瀬、センター経験で変化「考え方とか変わった」

 アイドルグループ・乃木坂46西野七瀬(22)が9日、都内で行われた映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂』BD&DVD発売記念舞台あいさつに登壇した。グループ初のドキュメンタリー作品となる同作では、メンバーの母親へのインタビューも敢行。西野の母が劇中で「センターになってこの娘(西野)は大きく変わった」と発言したことに「考え方とかだいぶ変わったなぁと思う」と感慨深げに語った。

【写真】その他の写真を見る


 西野は8thシングル「気づいたら片想い」以降、9th「夏のFree&Easy」、11th「命は美しい」、13th「今、話したい誰かがいる」(白石麻衣とのWセンター)などの楽曲でセンターを務めてきた。「前は自分一人のことで精一杯で、グループ全体のことを考えることは少なかったけど、センターという位置を経験させていただいて、自然と乃木坂全体のことやライブのことをたくさん考えるようになったし、変われてよかった」と笑顔を浮かべた。

 また、「昔やったらここに立ってても、こんなにしゃべれてなかったです」とはにかみ、「皆さんならわかると思うけど、いつも緊張してしゃべれないけど、今はリラックスしてしゃべれています」と変化を喜んだ。

 この日はメンバーの秋元真夏(21)、生駒里奈(19)も出席し、最後のあいさつで秋元は「しつこいと思うんですけど、私のかわいさに注目して!」と猛アピール。西野が「2人がしっかりしたコメントをしててどうしよう…」と困り顔になると生駒が「真夏はしっかりしてない」と冷静にツッコんで、笑いを誘っていた。

 発売記念舞台あいさつには丸山健志監督も出席した。



関連写真

  • センターを経験し「考え方が変わったと思う」と感慨深げに語った乃木坂46の西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.
  • 乃木坂46(左から)秋元真夏、生駒里奈、西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂』BD&DVD発売記念舞台あいさつ出席した秋元真夏、生駒里奈、西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂』BD&DVD発売記念舞台あいさつ出席した(左から)秋元真夏、生駒里奈、西野七瀬、丸山健志監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂』BD&DVD発売記念舞台あいさつ出席した生駒里奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂』BD&DVD発売記念舞台あいさつ出席した秋元真夏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス