• ホーム
  • スポーツ
  • 吉田沙保里、警官役で地上波ドラマ初出演 岡田将生を羽交い締め

吉田沙保里、警官役で地上波ドラマ初出演 岡田将生を羽交い締め

 レスリングの吉田沙保里選手が11月14日放送の日本テレビ系連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』(毎週土曜 後9:00)第6話にゲスト出演することが明らかになった。地上波ドラマ初出演となる吉田は女性警察官を熱演。共演の岡田将生を羽交い絞めにしたり、 Hey!Say!JUMPの有岡大貴の手を握ってキュンとするシーンなどコミカルな演技に挑戦する。

【写真】その他の写真を見る


 寝ると記憶を失う“忘却探偵”掟上今日子(新垣結衣)が、いつも犯人に間違えられる隠館厄介(岡田)の持ち込む難事件を1日で解決するというストーリー。同局では9日から一週間、『カラダWEEK』と題して、「カラダ」をテーマに生活習慣を見直す“きっかけ作り”を行うキャンペーンを実施することからアスリートの吉田選手の出演が決定した。

 吉田選手は厄介が女子中学校の近くにいることを不審に思い、声をかける女性警察官として登場。凛々しい警察官衣装に身を包んだ吉田は「せりふはそんなに多くないんですが、すごい緊張しました。表情で演技するシーンがあり、とても苦労したので、俳優さんや女優さんは、本当にすごいんだなって実感しました」とコメント。

 劇中で探偵斡旋所の助手・也川塗を演じる有岡の手を握り「収録現場に来てそれを初めて知って、『本当にやるんですか!?』ってウソかと思いました」と半信半疑でトライ。「ドラマの中では警察官として岡田さんを羽交い絞めにする強い部分と、有岡さんにキュンとする女性らしい部分の両方があるので、そこを楽しみに観て欲しいと思います!」と呼びかけている。



関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』に出演する吉田沙保里 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』で民放連ドラ初出演の吉田沙保里(中央) (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』に出演する吉田沙保里 (C)日本テレビ

オリコントピックス