• ホーム
  • 映画
  • 渡辺直美、少食役に苦労「気持ちがわからない」

渡辺直美、少食役に苦労「気持ちがわからない」

 ピン芸人の渡辺直美が7日、都内で行われた映画『五つ星ツーリスト THE MOVIE〜究極の京都旅、ご案内します!!〜』の初日舞台あいさつに出席した。自身初主演り映画が封切られ、「本当にうれしい」と喜んだ渡辺は、大勢のファンを前に「来てくれてありがとうね!」と感謝した。

 本作は、1月期に読売テレビ・日本テレビ系で放送された連続ドラマを映画化。渡辺は京都にある某中堅旅行代理店の西日本支社に務める“伝説のトラベルマスター”と呼ばれた女性社員・高瀬京香を演じている。

 主人公が「意外と少食の設定だった」といい「気持ちがわからなくて、役作りがすごい大変だった」と苦笑いした渡辺。「(主人公は)太っていることをイジられたら泣いちゃう。私は楽しんで笑っちゃうので、泣くってどんな感情なんだろうって。そこが難しかったですね」と振り返った。

 作風にちなみ、彼氏への“おもてなし”テクニックを聞かれると「本当に尽くすタイプ」と照れながら告白。「うちに来てもらったらマッサージしてあげて、お風呂に入れてる間に料理をする。料理は全くしないけど、彼氏ができたら覚えますよ。唐揚げが好きなので、たくさん揚げて、おもてなしをしてあげたい」と“妄想”トークに花を咲かせていた。



関連写真

  • 初主演映画の役作りの苦労を明かした渡辺直美 (C)ORICON NewS inc.
  • 妄想トークにも花を咲かせた(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス