• ホーム
  • 映画
  • 『ジュラシック・ワールド』92億円突破で年間1位へ

『ジュラシック・ワールド』92億円突破で年間1位へ

 恐竜をテーマに世界中で大ヒットしている映画『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目『ジュラシック・ワールド』(公開中)の累計興行収入が92億134万9300円となり、今年(2014年冬以降の公開作品)トップだった『ベイマックス』(14年12月20日公開)を超えて、年間1位となることがほぼ確定した。

 日本では夏休み映画の注目作として8月5日に公開され、封切後は多くの劇場で満席が続き、映画ランキング3週連続1位を獲得。9月に入ってからも興収70億円、80億円と着々と記録を伸ばし、10月には過去5年間の実写ハリウッド作品で2011年『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』(最終興収96.7億円)以来の90億円を突破した。11月4日時点で、累計動員数611万5859人、累計興行収入92億134万9300円。

 同作は、最新技術MX4D/4DX(客席のシートが動いたり、風やミストなどの特殊効果によって映画のシーンに入り込んだような感覚を味わえる)の上映も話題となり、体感型映画として新しいものを求める観客のニーズをとらえてヒットにつながった。

 世界的にも大ヒットしており、『アバター』『タイタニック』に次ぐ世界歴代興収第3位にランクイン。世界興行収入はすでに約16億6591万ドル(日本円にして約2000億円、Box Office Mojo調べ)に到達している。既に2018年公開予定で続編の製作が決定している。



関連写真

  • 映画『ジュラシック・ワールド』2015年No.1ヒット映画に (C)Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 最新技術MX4D/4DX上映も話題に(C)Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 2018年公開予定で続編の製作も決定(C)Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
タグ

オリコントピックス