• ホーム
  • 芸能
  • 二宮和也主演『坊っちゃん』 古田新太、及川光博ら共演者発表

二宮和也主演『坊っちゃん』 古田新太、及川光博ら共演者発表

 人気アイドルグループ・二宮和也が主演し、明治の文豪・夏目漱石(1867〜1916年)の小説を原作とするスペシャルドラマ『坊っちゃん』が、フジテレビ系で来年1月3日の午後9時から放送されることが決まった。正月三が日を締めくくる夜に、同局系で嵐のメンバーが主演するドラマが放送されるのは、5年連続となる。

【写真】その他の写真を見る


 「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」という一文で始まる『坊っちゃん』は、漱石の教師時代の実体験をベースに描かれた小説。時は明治、住み込みの女中からは「坊っちゃん」と呼ばれている江戸っ子の青年が、四国・松山の旧制中学校に数学の教師として赴任し、同僚の教師たちや生徒たちと騒動を巻き起こす。

 物語の舞台となる学校の教師陣の配役は、突然、松山に行き、知り合いがいない坊っちゃんと同じように、二宮にとっても初共演となる俳優たちがそろった。

 坊っちゃんと意気投合し、騒動の折は何かと行動を共にする相棒的な存在となる数学の主任教師「山嵐」を演じるのは古田新太。坊っちゃんと山嵐の二人と敵対する、学校で唯一の文学士で、プライドが高い西洋かぶれの教頭「赤シャツ」役に及川光博。赤シャツの腰巾着の画学教師「野だいこ」役に八嶋智人

 教師たちの中でもお人よしで気が弱く、いつも顔色が悪いため、坊ちゃんから「うらなり」とあだ名をつけられる英語教師を山本耕史が演じる。うらなりは町一番の美人とひそかに思いあっているのだが、実は赤シャツもその女性を横恋慕しており、赤シャツの悪巧みにより、うらなりは窮地に陥っていく。

 一癖も二癖もある教師たちをまとめる校長は岸部一徳が演じる。事なかれ主義で、重要なことは赤シャツ任せ。自分の意見を言うことはめったにない。何を考えているかわからないため、坊っちゃんから「狸(たぬき)」というあだ名をつけられる。

 愛媛県松山市の道後温泉など漱石ゆかりの場所でロケも行われており、二宮は「家族や親戚が一同に会するのが、お正月の良いところだと思いますが、ドラマを制作している側も、これだけの方々を集めるのは、お正月じゃないとできないのだろうな、という顔ぶれがそろっていると思います。お正月のすごさを知りました。この方々が2時間、画面に居続けるということだけでも、このドラマの見どころだと思います」と手応えを語っている。



関連写真

  • 「山嵐」古田新太
  • 「赤シャツ」及川光博
  • 「うらなり」とあだ名をつけられる英語教師役の山本耕史
  • 1月3日放送、フジテレビ系新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』に出演する「野だいこ」八嶋智人
  • 1月3日放送、フジテレビ系新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』に出演する「狸」岸部一徳

オリコントピックス