• ホーム
  • 芸能
  • 『ジャンプスクエア』デジタル版がきょう開始 話題作も連載スタート

『ジャンプスクエア』デジタル版がきょう開始 話題作も連載スタート

 人気漫画『DEATH NOTE』と『バクマン。』を世に送り出した、大場つぐみ氏と小畑健氏のタッグが手がける新作漫画『プラチナエンド』が、きょう4日発売の『ジャンプスクエア』(集英社)12月号からスタートする。この日より、同誌のデジタル版が紙と同日に配信されることがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 デジタル版『ジャンプスクエア』は、「ジャンプBOOKストア!」や「少年ジャンプ+」など各電子書籍ストアで購入可能。配信開始を記念し、同誌作品の期間限定コミックス無料配信や、同誌2015年11月号の無料配信などのキャンペーンが実施される。

 また、同誌12月号では、『プラチナエンド』連載開始記念として、同作、『DEATH NOTE』、『バクマン。』の複製原画(A4判・各作品1枚ずつ計3枚)とスペシャルデザインの額縁(額は1枚)のセットが手に入る応募者全員サービスが、『ジャンプスクエア』12月号から3号連続で実施。応募方法の詳細は同誌に掲載される(デジタル版からは応募不可)。

 さらに、同誌12月号にて、12月4日発売の同誌1月号に荒木飛呂彦氏の最新読みきり作品『岸辺露伴は動かない エピソード#07 月曜日-天気雨』の掲載決定を予告。『ジョジョの奇妙な冒険』第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場する、“リアリティーを追求する漫画家”岸辺露伴を主人公にした人気スピンオフシリーズの最新エピソードになる。

■新連載『プラチナエンド』あらすじ
中学校の卒業式当日、同級生が卒業に浮かれるなか一人中学校を後にする、架橋明日(かけはしミライ)。生きることに希望を見いだせない彼は、いったいどんな道を歩むことになるのか…。これは、人と天使の物語である。



関連写真

  • 「ジャンプスクエア」12月号から連載を開始する『プラチナエンド』 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 荒木飛呂彦氏の『岸辺露伴は動かない エピソード#07 月曜日-天気雨 』(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
  • デジタル版『ジャンプSQ.』2015年12月号の表紙 (C)デジタル版「ジャンプSQ.」2015年12月号/集英社
タグ

オリコントピックス