舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』再演公演が開幕

 カプコンの人気ゲームを原作とした、舞台「逆転裁判2 〜さらば、逆転〜」の再演公演が、31日に東京・俳優座劇場にて開幕。初日公演前日にはマスコミ・関係者向けの公開ゲネプロが行われ、主要キャスト陣が登壇し、舞台への意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 正体不明の謎の男であり殺し屋の虎狼死家左々右ェ門を演じる富田翔は「虎狼死家左々右エ門という名前からは想像もつかないと思いますが、殺し屋の役です。今回は、虎狼死家を通して命の重みを表現していきたいと思います」と笑いを交えながら挨拶。いかつい風貌の刑事、通称イトノコ刑事こと糸鋸圭介を演じる磯貝龍虎は「裁判をモチーフとした舞台となっておりまして、お金さえ積めば勝てるというような理不尽な裁判を、主人公の成歩堂龍一という男がそれはいけないんじゃないか!という、そういう舞台。本当にいい舞台となっております!」とアピール。

 事件を巻き起こすトラブルメーカーで雑誌記者の矢張政志を演じる林 明寛は、事件が起こるホテルの警備員のオバチャンとの爆笑必至な絡みが多いことに触れ「今回もオバチャンとの熱いラブシーンをしっかり演じさせてもらいます」と語り、笑いを誘う。主人公・成歩堂の助手であり霊媒一族の末裔・綾里真宵を役の荻野可鈴は「今回の公演は再演ということで、前回よりもさらにパワーアップしているので、前回観て頂いた方にも、今回初めて観て頂く方にも楽しんでいただける舞台です。最後まで応援よろしくお願いします!」と笑顔を見せた。

 物語の鍵を握る人気アクションスター・王都楼真悟を演じる廣瀬大介は「僕は新しく参加するメンバーなのですが、初めて観た裁判のシーンはすごく圧力を感じて、胸がザワっとするような感じがして楽しかったです。出演者でもそう感じるほどなので、お客様にもそう感じていただけるのではと思います」とコメント。

 さらに、成歩堂のライバル検事・御剣怜侍を演じる和田琢磨は「今回は念願叶っての大阪公演もあり、カプコンさんの本拠地でもある大阪に我々が行けるということて、大変楽しみにしております」と語り、「まずは、東京公演をしっかりやり遂げて、良いかたちで大阪に行けるように頑張りたいと思います」と力強く語ると、主人公・成歩堂龍一を演じる渡辺大輔は「ゲーム原作ですが、人間ドラマが1シーン1シーンに盛り込まれております。そういうところに注目していただくのと同時に、主演として成歩堂が出てきますが、ボクは全員が主演だと思っております。一人一人をまばたきをあまりせず、注目して観て頂けるとより一層楽しんでもらえるのではないかと思います」と意気込みを語った。

 『逆転裁判』シリーズの代名詞『異議あり!』と叫ぶ法廷シーンはもちろんのこと、成歩堂が窮地に立たされながらも事件解決へと導く、ハラハラドキドキなストーリー展開に加え、成歩堂を取り巻く強烈で個性的なキャラクターたちのみどころも満載。矢張とオバチャンのボケとツッコミがマシンガーントークの中に織り込まれる絶妙な掛け合いやプロレス並みのアクション、いかつい風貌の刑事なのにちょっとドジなイトノコ刑事など、笑いの要素もどころどころに盛り込まれていて、観る者を飽きさせない。手に汗握る法廷シーンとのギャップでさらに観客を『逆転裁判』の世界観へと誘う。

 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』は、10月31日(土)〜11月8日(日)まで俳優座劇場にて、11月21日(土)〜23日(月)までABCホールにて上演される。



関連写真

  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』ゲネプロ公演前にフォトセッションに応じたキャスト陣。(C)De-view
  • ゲネプロ前の挨拶では、終始笑いの絶えない和やかな雰囲気だった。(C)De-view
  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』より。(C)De-view
  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』より。(C)De-view
  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』より。(C)De-view
  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』より。(C)De-view
  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』より。(C)De-view
  • 舞台『逆転裁判2 〜さらば、逆転〜』より。(C)De-view

オリコントピックス