• ホーム
  • 芸能
  • ノイタミナ作品『残響のテロル』が舞台化 潘めぐみも出演

ノイタミナ作品『残響のテロル』が舞台化 潘めぐみも出演

 昨年7月クールにフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されたアニメ『残響のテロル』が舞台化されることが、わかった。2016年3月2日から6日まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。

 同アニメは『カウボーイビバップ』や『サムライチャンプルー』などの渡辺信一郎氏が監督を務め、音楽は名だたるアニメの音楽を務めてきた菅野よう子氏が担当したオリジナル作品。“スピンクス”と名乗る2人組が起こす大規模な爆発テロを軸に描かれる物語となる。

 舞台版の演出は、『攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE』や『ペルソナ』シリーズの演出も手がけ、映画監督でもある奥秀太郎氏、脚本はアニメ『PSYCHO-PASSサイコパス2』などの熊谷純氏に決定した。

 出演者も明らかになり、中心人物となるナイン役に舞台『戦国BASARA』真田幸村役や『弱虫ペダル』石垣光太郎役の松村龍之介、ツエルブ役を『テニスの王子様』7代目青学・桃城武役の石渡真修。そのほか、アニメでハイヴ役を務めた声優の潘めぐみが同じ役で出演する。キャストは下記のとおり。

■舞台『残響のテロル』出演者

ナイン…松村龍之介
ツエルブ…石渡真修
柴崎…滝川英治
ハイヴ…潘めぐみ
三島リサ…桃瀬美咲
羽村…井深克彦
倉橋…郷本直也
六笠…かぬか光明
クラレンス…チャド・マレーン



オリコントピックス