• ホーム
  • 芸能
  • 芸人から放送作家に転身? フルポン村上ら3人が才能探る

芸人から放送作家に転身? フルポン村上ら3人が才能探る

 テレビ朝日系で放送中のお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの冠番組『くりぃむナンチャラ』(毎週金曜 深2:24※一部地域をのぞく)。きょう30日の放送回ではフルーツポンチ村上健志アルコ&ピース平子祐希シャカ大熊の3人が放送作家としての可能性を探る企画に挑戦する。

【写真】その他の写真を見る


 「芸人としてはパッとしないけれど、ネタを書いている方だし、もしかしたら作家としてだったら花開くんじゃないか」とひそかに期待を寄せる3人を集め、『あわよくば作家になろう選手権』を実施。優勝者には、『くりぃむナンチャラ』の放送作家として採用してもらえる権利が贈られる。

 1回戦で3人が書いたネタをレギュラージョイマンザブングルが実演し、審査員がジャッジ。2回戦は上田晋也のための一発ギャグを発表するはずだったが、その場の勢いでくりぃむしちゅーがコンビとしてネタ見せを行う展開に。2人にとってお客さんを前にネタを披露するのは久々で、一体どんなネタを披露するのか。



関連写真

  • 芸人としては鳴かず飛ばず? 放送作家としての才能を探る (C)テレビ朝日
  • くりぃむしちゅーがお客さんの前で久々ネタ見せ (C)テレビ朝日
  • 30日に放送される『くりぃむナンチャラ』より(C)テレビ朝日

オリコントピックス